大阪市生野区生野東の民家で昨年12月、住人の無職、川崎勝哉さん=当時(82)=が遺体で見つかった事件で、大阪府警捜査1課と生野署は20日、強盗殺人などの疑いで、大阪府八尾市山本町南の会社役員、請川(うけがわ)正和容疑者(44)ら男女3人を逮捕したと発表した。捜査関係者によると、請川容疑者が実行役で、逮捕前の調べに対し「(殺害に)ハンマーを使った」と説明したという。
ほかの2人は請川容疑者の妻で無職、左稀(さき)容疑者(23)と、大阪市生野区巽北の建築作業員、野木俊夫容疑者(58)。請川容疑者が川崎さんの別宅2階のベランダにはしごで侵入し、3階でつながる本宅へ移動したとみられる。逮捕前の聴取では、川崎さん宅の構造や「大金があることを知っていた」とも話していた。
府警によると、川崎さんは80代の妻と2人暮らしで、過去に貸金業を経営。川崎さん宅は室内が荒らされていたが、現金は残っていた。妻は本宅1階で居酒屋を経営しており、府警は3人と川崎さんの接点などを調べている。
逮捕容疑は昨年12月1日午前0時ごろ、川崎さん宅に侵入。同6時ごろ、川崎さんの顔や頭を鈍器で殴り殺害したとしている。
府警によると、別宅2階の窓ガラスが割られ、付近に足跡も見つかった。事件直前、現場付近の防犯カメラにはダンプカーやはしごを持った男などが写っており、映像の解析などから3人の関与が浮上した。
https://www.sankei.com/article/20220120-ZBYUBCLF25KYRAUXUYXHAGZSLU/