カテゴリー

« 輸血用血液ピンチ 第5波収束で手術増、第6波に深まる危機感(24日)共同 | トップページ | 祖母「毎日手合わせてきた」 小4女児虐待死から3年―千葉(24日)時事 »

2022年1月24日 (月)

2000室空いていても入れない…東京都の宿泊療養施設 感染急拡大 小池知事「自宅療養」へ方針修正(24日)共同

新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染が急拡大する東京都では、都が軽症、無症状者向けに用意した宿泊療養施設に約2000室の空きがあるにもかかわらず、入室待ちが出ている。受け入れ枠に余裕を持たせる狙いがあるが、希望する患者からは不満の声が上がる。前提となる「原則宿泊療養」の方針そのものも事実上修正する事態となっており、未曽有の拡大ペースの中で都は対応に苦しんでいる。(加藤健太)

◆都の電話窓口に70回以上かけた末に…

 「いつ入れるか分かりません」。コロナ感染が判明した都内の女性は、電話口の返答に落胆した。
 14日に発症した。同居の夫にうつさないようにと都がビジネスホテルなどを借り上げた宿泊療養を希望。都の電話窓口に70回以上かけ続け、ようやくつながった末のひと言だった。
その後、頭痛やせきに見舞われながら1畳ほどの洗面所で入所の知らせを待つなどしたが、返答はない。保健所からはメールで「優先的に必要な方にはお電話をしています」と連絡があるだけ。1週間たってもせきが治らないまま自宅療養を余儀なくされた。
 都の担当者は「時間帯によっては電話がかかりづらかった」と認める。18日からは回線を10から30に増やした。ただ、重症化リスクがある高齢者と同居している人らを優先しており、電話がつながってもすぐ入所できるわけではない。
 「もう入れないだろうな」。女性はツイッターでの取材にこうつぶやいた。「優先順位があるならそう案内してくれればいいのに」

◆「今は満室にしたくない」

 コロナ患者の療養方針は保健所が決めており、重症者や高齢者、基礎疾患がある人は入院、それ以外の人は自宅か宿泊施設での療養となる。昨夏の「第5波」では保健所の業務が逼迫し、宿泊施設を希望してもすぐに入れない事態が起きた。
続きを読む
https://www.tokyo-np.co.jp/article/155977?rct=t_news

« 輸血用血液ピンチ 第5波収束で手術増、第6波に深まる危機感(24日)共同 | トップページ | 祖母「毎日手合わせてきた」 小4女児虐待死から3年―千葉(24日)時事 »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 輸血用血液ピンチ 第5波収束で手術増、第6波に深まる危機感(24日)共同 | トップページ | 祖母「毎日手合わせてきた」 小4女児虐待死から3年―千葉(24日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ