自宅で30代の知人女性にわいせつな行為をしたとして、警視庁昭島署は18日、強制性交致傷と強制わいせつの疑いで東京都昭島市立学校の非常勤講師でパキスタン国籍のシャー・サイエド・カーシム・アリ容疑者(28)=昭島市朝日町=を逮捕したと発表した。昭島署によると「そんな事実はない」と容疑を否認している。
他にも同容疑者宅でわいせつ被害に遭ったと訴えている女性がおり、関連を調べる。昭島市教育委員会によると、容疑者は市立学校で英語の指導補助をしていた。
逮捕容疑は令和3年11月20日、自宅で日本人女性にわいせつな行為をしようとして背中に打撲などのけがを負わせた上、わいせつな行為をしたとしている。
2人は語学を学びたい人らが使うアプリを通じて知り合い、当日は「食事をしよう」と言って自宅に招き入れたという。
https://www.sankei.com/article/20220118-M735WJLZQZLVBBWCR73BEVZRWA/