発達する低気圧と強い冬型の気圧配置の影響で、12日から14日ごろにかけて北日本と、東日本の日本海側を中心に荒天の恐れがあるとして、気象庁は9日、大雪や吹きだまりによる交通障害や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
気象庁によると、11日から低気圧が発達しながら北日本に進む見込みで、日本の上空に強い寒気が流れ込んで強い冬型の気圧配置になる。暴風雪や大しけになる恐れがあるため、警報など今後の気象情報に注意するよう求めている。
https://www.sankei.com/article/20220109-IBWI7YQASBLMFBMXCLQLZZ646A/