カテゴリー

« 天皇・皇后両陛下、歌会始の儀に 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 銚子出港のボート不明 津波注意報解除前に(17日)産経 »

2022年1月17日 (月)

全国で気圧上昇、津波との関連調査 気象庁「経験ない」(17日)日経

南太平洋のトンガ沖で発生した海底火山の噴火に伴い、気象庁が各地に津波警報や注意報を出したのは、噴火から約11時間後の16日午前0時15分だった。噴火後に全国各地で一斉に気圧の変化が確認されたことも判明。気象庁は今回の津波について「こういった現象は知らず、原因は不明」と過去に例がないものだったことを明らかにした。
気象庁は当初、噴火の日本への影響について、気象庁はトンガ周辺の島しょ部から得られた津波高の影響分析などから、若干の海面変動はあるものの被害の心配はないとしていた。
ところが、日本で観測された波の変化は当初に想定していた時間より早く観測された。父島では午後10時半ごろの想定だったが、2時間半ほど早い午後8時ごろに観測した。波の変化もトンガ周辺の島しょ部より3~4倍高かった。
今回の津波と関連性があるとみられるのが、15日午後8時ごろに全国で観測された数ヘクトパスカルの気圧の上昇だ。
一般に気圧が下がれば海面が上昇するが、今回観測されたのは逆の現象だった。
気象庁地震火山部の宮岡一樹・地震情報企画官は「あくまで想像」と断った上で、「急激な気圧変化があったときにぎゅっと海面が押される。それがまた戻ってくるので、海面が振動することで周期的な潮位変化が発生することはあるのではないかと思う」と述べた。
続きを読む
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE154J60V10C22A1000000/

« 天皇・皇后両陛下、歌会始の儀に 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 銚子出港のボート不明 津波注意報解除前に(17日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天皇・皇后両陛下、歌会始の儀に 皇室17~23日(17日)朝日 | トップページ | 銚子出港のボート不明 津波注意報解除前に(17日)産経 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ