カテゴリー

« アパート見学、付き添う不動産会社の女性にわいせつ行為 容疑の男逮捕「体に当たっただけ」/埼玉・越谷署(22日)共同 | トップページ | 大分 宮崎で震度5強 津波なし(22日)NHK »

2022年1月22日 (土)

「実力はある」、叫んだ少年 学業低迷で進路に葛藤か―見えぬ動機、事件1週間・受験生刺傷(22日)時事

東京大の前で受験生ら3人が刺され重軽傷を負った事件で、東大医学部を目指していたという名古屋市の私立高校2年の少年(17)=殺人未遂容疑で逮捕=が襲撃時、自身の高校の偏差値とともに「実力はある」と叫んでいたことが、捜査関係者への取材で分かった。事件は22日で発生から1週間となる。
 学校関係者によると、昨年9月の面談では「合格できる成績ではない」と話していた。成績不振に悩んでいたという少年は、警視庁の調べに黙秘し、詳しい動機を明かしていない。
 少年は地元公立中学校の卒業文集で、学業について「時に自分を苦しめ、助けてくれた」と書いた。「これからも勉強の大事さ、苦しさ、楽しさを忘れず続ける」と締めくくるなど勉強熱心な生徒だったとみられる。
 真面目な性格は、愛知県内トップクラスの高校に進学後も変わらなかった。昨春卒業の高校OBの男性(19)によると、少年は高1の秋、生徒会役員選挙に立候補。「スマートフォンの校内持ち込み禁止」など校則の厳格化を訴えた。同校は自由な校風で知られており、男性は少年の『公約』を聞き、「うちの学校らしくないと思った」と振り返る。
 「医学部に進学できる成績ではない。進路で迷っている」。同校によると、少年は昨年9月の三者面談でこう打ち明けた。学校側には志望先を明かしておらず、教頭は事件後、「(東大に)強いこだわりがあったと知り驚いた」と語った。
 少年は入学直後、新型コロナウイルス禍で高校が休校となり、約2カ月間登校できなかった。新入生合宿など多くの行事も中止や縮小となり、孤立感を深めた可能性があり、学校は「勉学がすべてではないというメッセージが届いていなかった」とコメントした。
 教頭は「自分の世界に立てこもってしまった」と成績不振に悩む少年の内面を推察した上で、「勉強しか目に入らなくなった子に気付けなかった。反省すべき点だ」と語った。同校は今後、カウンセラーの増員など生徒のメンタルケアを強化する方針を示している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012100907&g=soc

« アパート見学、付き添う不動産会社の女性にわいせつ行為 容疑の男逮捕「体に当たっただけ」/埼玉・越谷署(22日)共同 | トップページ | 大分 宮崎で震度5強 津波なし(22日)NHK »

少年事件(いじめなど被害も含)学校問題、その他未成年者関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アパート見学、付き添う不動産会社の女性にわいせつ行為 容疑の男逮捕「体に当たっただけ」/埼玉・越谷署(22日)共同 | トップページ | 大分 宮崎で震度5強 津波なし(22日)NHK »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ