3日午前8時50分ごろ、富士山御殿場口9合目付近で男性が遭難しているのを、静岡県警御殿場署の山岳遭難救助隊員が発見した。ヘリコプターで病院に搬送したが、同日午後、死亡が確認された。同署は登山道から滑落したとみて、身元や経緯を調べている。
同署によると2日午前、この男性が遭難しているのに気付いた別の登山客が119番通報した。同日夜に捜索をいったん打ち切り、3日早朝から再開。発見時、既に意識はない状態だったという。
環境省や県などでつくる「富士山における適正利用推進協議会」によると、現在、富士山は閉山中。協議会のホームページでは、積雪期の登山は遭難のリスクが極めて高く、7合目以上では「転倒やアイスバーンでの滑落の恐れがある」としている。
https://www.sankei.com/article/20220103-JXWKMKJSWNIANADA6ET2DICKDM/