カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | キャバクラ経営者から用心棒代受け取った疑い、山口組系組幹部を逮捕(20日)共同 »

2022年1月20日 (木)

全国の指定避難所3割が浸水区域 水害時使えぬ恐れ、適地不足(20日)共同

災害時に被災者が身を寄せる全国の指定避難所約7万9千カ所の約3割が、風水害による浸水想定区域に立地していることが20日、内閣府の調査で分かった。公共施設の多くは交通の便が良い場所にあり、避難所の適地である高台には少ないためだ。水害時には使えなくなる恐れがあり、国は、やむを得ず浸水区域内に避難所を置く自治体に対し、安全確認など対策の徹底を求めた。
2020年の7月豪雨では、熊本県の球磨川の氾濫で多くの指定避難所が浸水した。
 指定避難所は、被災の危険がなくなるまで一定期間滞在する施設。市区町村が、公民館や小中学校などを指定している。
https://nordot.app/856866244770168832?c=39546741839462401

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | キャバクラ経営者から用心棒代受け取った疑い、山口組系組幹部を逮捕(20日)共同 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | キャバクラ経営者から用心棒代受け取った疑い、山口組系組幹部を逮捕(20日)共同 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ