カテゴリー

« 大阪の接種会場の管理医師、覚醒剤所持容疑で逮捕(25日)産経 | トップページ | 模擬投票など体験 児安小児童、選挙に参加する意義学ぶ(25日)共同 »

2022年1月25日 (火)

伊藤詩織さんの訴え再び認める 「性行為の合意なかった」 山口敬之氏に330万円支払い命じる 東京高裁控訴審(25日)共同

ジャーナリスト伊藤詩織さん(32)が、元TBS記者山口敬之氏(55)から性暴力を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(中山孝雄裁判長)は25日、性暴力があったと認め、山口氏に慰謝料など約330万円の支払いを命じた。一方、伊藤さんが著書などで山口氏の名誉を毀損きそんしたとして、伊藤さんに55万円の支払いを命じた。(望月衣塑子)
 一審の東京地裁は「酩酊めいてい状態の伊藤さんに対し、合意がないまま性行為に及んだ」と認定。山口氏が判決を不服として控訴していた。
 控訴審判決では、伊藤さんが受けた性暴力について一審判決を支持。ただ、伊藤さんが著書で「山口氏にデートレイプドラッグを盛られた」などとした表現に真実性は認められないとして、この表現を名誉毀損だとした山口氏の主張を認めた。
 21年9月の控訴審の口頭弁論で、伊藤さんは「警察に届けた段階で、刑事司法の裁きを望んだが、逮捕は直前で取り消され、かなわなかった。刑事司法の不透明な対応に左右され、性被害がなかったことにされるのに危機感を抱き、顔と名前を出して発信を決断した」と心境を明かした。
 その上で「どんな事件でも『被害者側に沈黙させる方が、被害者のためによい』とされる社会なら、今後も誰かが長期間苦しむ。被害者が司法で守られ、おとしめられるような事がないことを願う」と、涙ながらに訴えていた。
 一方、山口氏も意見陳述し「伊藤さんは、すし屋に行って翌朝まで記憶がないと言う。自ら飲みすぎて悪酔いし、記憶をなくした酔っぱらいなのに、『デートレイプドラッグを盛られた』とされ、(山口氏が)怪しげな薬を盛る卑劣な人間にされた。人生1度もそんなことをしたことはない。薬を盛ったなら証拠を示してほしい」と主張。さらに「ありもしない事実を振りまき、私はあなたのうそに社会的に殺された。高裁では、真実に目を向けて頂きたい」と訴えていた。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/156301

« 大阪の接種会場の管理医師、覚醒剤所持容疑で逮捕(25日)産経 | トップページ | 模擬投票など体験 児安小児童、選挙に参加する意義学ぶ(25日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪の接種会場の管理医師、覚醒剤所持容疑で逮捕(25日)産経 | トップページ | 模擬投票など体験 児安小児童、選挙に参加する意義学ぶ(25日)共同 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ