NHK契約者の個人情報を不正に入手、インターネット上に投稿してNHKの業務を妨害したとして、不正競争防止法違反と威力業務妨害などの罪に問われた「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」の党首、立花孝志被告(54)に、東京地裁(佐伯恒治裁判長)は20日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月、罰金30万円)の判決を言い渡した。
立花被告側は「正当な政治活動で、違法性はない」などと無罪を主張していた。
起訴状によると、立花被告は令和元年9月、東京都杉並区でNHKの集金業務を請け負う会社の元社員(28)=不正競争防止法違反罪で有罪確定=と共謀し、業務用端末上の契約者情報50件を撮影して同11月に動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿したとしている。このほか、東京都中央区議を脅迫した罪にも問われている。
https://www.sankei.com/article/20220120-RLU7QE47J5LHRFNZY4HFZSN4HY/