大阪府の吉村洋文知事は24日、大阪府警に覚醒剤取締法違反(共同所持)の疑いで21日に現行犯逮捕された医師の山本秀和容疑者(42)について、府が25日に開設する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場2カ所の管理医師だったと明らかにした。
逮捕により管理医師が不在となり、府は逮捕発表後の22日夕方から、府庁新別館北館と新別館南館に開設する大規模接種会場の予約受け付けを一時停止。現在は新たな管理医師を選任することを決め、予約受け付けも再開した。
府は、山本容疑者が院長を務めるクリニックに大規模接種会場3カ所の運営を委託。25日の開設に支障はないとしているが、委託先の変更も含めて今後の対応を検討する。
https://www.sankei.com/article/20220124-GAHTZZL34VOGVIXOG6Q3HI5CL4/