カテゴリー

« 自転車利用者の保険加入を福井県が義務付け 条例制定、7月1日に施行(7日)共同 | トップページ | オミクロン株疑い46%に 「感染急拡大を懸念」―厚労省助言組織(7日)時事 »

2022年1月 7日 (金)

イスラム女性「売買」の偽アプリ摘発 ヒンズー至上主義者相次ぎ拘束―インド(7日)時事

【ニューデリー時事】インドで少数派のイスラム教徒女性を勝手に「売買」できるかのように見せ掛けたアプリを作成したとして、多数派ヒンズー教徒の男女が相次いで拘束された。アプリには、ノーベル平和賞受賞者の女性人権活動家マララ・ユスフザイさんや有名女優らが掲載されていた。インドで強まるヒンズー至上主義を背景としたヘイトクライム(憎悪犯罪)と報じられている。

憎悪犯罪が過去12年で最多 アジア系急増、コロナ影響か―米

 地元紙ヒンドゥスタン・タイムズによると、警察当局は事件に関与した疑いでインド各地に住む18~21歳の男女3人を拘束。首謀者とされる女(18)ら2人は、ヒンズー至上主義関係のインターネット交流サイト(SNS)で知り合ったと伝えられている。
 今月1日に公開されたアプリは、オークション形式での「売買」を装い、イスラム教徒女性100人以上の顔写真などを掲載。マララさんのほか、著名ボリウッド(インド映画界)女優のシャバナ・アズミさんや人権活動家らが「標的」とされた。自身も写真を掲載されていたジャーナリストが警察に通報。アプリは削除され、実害は出ていないという。
 インドでは昨年も同様のアプリが出現していた。ヒンドゥスタン・タイムズは6日付の論説で、「警察が(昨年)ほとんど行動を取らなかった」ため、今回の「ヘイトクライム」につながったと批判した。
 2014年にヒンズー至上主義を掲げるモディ首相が就任して以降、インドではヒンズー過激派が勢いを増しており、ネット上ではイスラム教徒を隣国の宿敵パキスタンと結び付け、排斥を呼び掛けるような書き込みが相次いでいる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022010600825&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 自転車利用者の保険加入を福井県が義務付け 条例制定、7月1日に施行(7日)共同 | トップページ | オミクロン株疑い46%に 「感染急拡大を懸念」―厚労省助言組織(7日)時事 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自転車利用者の保険加入を福井県が義務付け 条例制定、7月1日に施行(7日)共同 | トップページ | オミクロン株疑い46%に 「感染急拡大を懸念」―厚労省助言組織(7日)時事 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ