カテゴリー

« 2022年1月28日 (金) | トップページ | 2022年1月31日 (月) »

2022年1月30日 (日)

2022年1月30日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
平成、令和で最高率になるか
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20220130205901 Img_20220120_144126  日本警察の〝産みの親〟とでも言おうか川路利良―その語録にこんな言葉がある。
 「聲無キニ聞キ形無キニ見ル」
 捜査段階が煮詰まったとき、音声がない状況でも何かを聞き、姿形になっていなくてもはっきりイメージできること。つまり無声無形でも感知できるのが警察官だと言っているのだ。そのバロメーターとなるのが検挙率。この検挙率で日本警察は一度、どん底に落ちている。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年11月現在の刑法犯検挙率は46.9㌫で、前年同期より1.3ポイントアップしている。
 昭和の時代に最も高かったのは60年の64.2㌫。そして41年から57年までは50㌫台で推移している。
 ところが平成に入り元年に46.2㌫と5割を割っている。14年になんと19.8㌫と戦後最低を記録。日本警察がどん底に陥ったのだ。
 しかし、警察庁は治安再生に乗り出して令和2年には46.2㌫と平成元年に次いで2番目の高さに回復。そして3年は、まだ1か月残しているものの46.9㌫は最高の数字。12月の統計は間もなくだされるだろう。どうかこれ以上になることを期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)
(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

「ウイルス感染」にご用心 サポート詐欺、被害高止まり―国民生活センター(31日)時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022013000219&g=soc

★「見当たり捜査」捜査員の目で特殊詐欺の出し子を逮捕(29日)TBS
★闇バイトの“エントリーシート”がきっかけ 特殊詐欺「かけ子」逮捕(29日)TBS
★パソコンに「ウイルス汚染」 60代男性が20万円詐欺被害(28日)共同
★警察庁、還付金詐欺防止へ「通話自粛を」 全銀協と連携(25日)日経
★コロナ対策悪用し融資金詐取容疑 組員逮捕、全国初か―兵庫県警(25日)時事
★教えて福田警部(13)検定 クイズで特殊詐欺の手口学ぼう(24日)共同(下野新聞)
★実在の会社の職員を名乗る男から電話 計10回約820万円だまし取られる(20日)TBS
★逮捕のきっかけは“仲間割れ” 特殊詐欺受け子の17歳高校生逮捕(18日)TBS

« 2022年1月28日 (金) | トップページ | 2022年1月31日 (月) »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ