カテゴリー

« 2022年1月28日 (金) | トップページ | 2022年1月30日 (日) »

2022年1月29日 (土)

2022年1月29日 (土)

94歳男性が列車にはねられ死亡(29日)産経

29日午後1時15分ごろ、高知県佐川町のJR土讃線佐川駅近くの線路上で、須崎発高知行き普通列車(1両編成)に男性(94)がはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。乗客15人ほどにけがはなかった。高知県警佐川署が事故の経緯を調べている。

JR四国によると、この影響で一部列車が運休、遅れが出て約300人に影響した。
https://www.sankei.com/article/20220129-VISKQRMCUVIYRP5WPVA44MJ2GA/

母を失い、自殺の道連れに…医師の至近距離から銃発射、計画的犯行か(29日)朝日

埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件で、県警は29日、人質の男性医師を銃で殺害したとして無職渡辺宏容疑者(66)を殺人容疑で送検した。渡辺容疑者は調べに「自殺を考え、自分1人ではなく先生やクリニックの人を殺そうと考えた」と話しているという。
 死亡したのは医師の鈴木純一さん(44)。捜査関係者によると、司法解剖の結果、死因は胸に銃弾1発を浴びたことによる心破裂。至近距離から発射された銃弾は体を貫通し、即死状態だったとみられる。
 渡辺容疑者は母親(92)と同居し、数年前から鈴木さんが院長を務める在宅クリニックを利用していた。母親は26日に亡くなり、鈴木さんが死亡確認をしたという。
 渡辺容疑者は27日夜、母親の在宅看護に関わっていた鈴木さんら医療関係者の男女7人を自宅に呼び出し、散弾銃を複数回発砲。その後、鈴木さんを人質にとって自宅に立てこもった。事前に散弾銃2丁や催涙スプレーを用意したとみられ、サバイバルナイフも見つかった。県警は事前に計画していた可能性があるとみている。
 東入間医師会などの説明では…
https://www.asahi.com/articles/ASQ1Y6T8LQ1YUTIL00R.html

この記事は会員記事です。残り383文字

「家庭教師紹介サイトを使えば不正ができると思いついた」試験流出事件(29日)TBS

大学入学共通テストの試験問題が流出した事件で警察に出頭した女子大学生が、「家庭教師の紹介サイトを使えば不正ができると自分で思いついた」と話していることが分かりました。
大阪府の女子大学生(19)は、家庭教師の紹介サイトを通じて知り合った東京大学の学生らに、大学入学共通テスト「世界史B」の試験用紙の画像を送信し解答を依頼したとみられています。その後の捜査関係者への取材で、女子大学生が「紹介サイトを使えば不正ができると自分で思いついた」と話していることが分かりました。
家庭教師の紹介サイトは本人確認が不要だったため、女子大学生は高校2年の女子生徒を装って登録し、メールやSNSで東大生とやりとりをしていました。警視庁は、女子大学生がサイトの仕組みを悪用したとみて詳しく調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458868.html

埼玉の銃砲店、広がる驚き 「管理責任重いのに」(29日)産経

埼玉県ふじみ野市で、散弾銃を撃って人質の医師を死亡させる立てこもり事件が起き、県内の銃砲店関係者に驚きと困惑が広がった。ある経営者は「銃口を他人に向けることすらしないよう、徹底している。こんな使い方は許されない」と憤った。
銃器販売に長く携わり、業界団体の役員を務めたことがある関係者は「銃の所持には訓練が必要で、きちんとした管理も義務付けられている。責任が重いのに…」とため息をついた。
銃管理の負担が大きく、害獣に対応するハンターは各地で減少傾向にある。この関係者は「真面目にやってきた人も、銃を持っているというだけで変なイメージを持たれないか」と心配した。
https://www.sankei.com/article/20220129-5QBIPYH4SJNXLMHNPONVYGMUCA/

成人年齢引き下げを前に悪徳商法対策を大学教職員に特別研修(29日)NHK

4月から成人年齢が18歳に引き下げられるのを前に、大学生が消費者トラブルに巻き込まれるのを防ごうと、都内の大学で教職員向けの特別研修が開かれました。
東京の国士舘大学がオンライン形式で開いた特別研修には、教職員などおよそ200人が参加しました。
この中で消費者問題に詳しい志水芙美代弁護士は、役に立たない情報商材を販売したり「必ず値上がりする」と言って価値のない暗号資産への投資を募ったりする商法に、若者が巻き込まれるケースが増えている現状を報告しました。
そのうえで、「こうしたケースでは、勧誘の際にマルチ商法の手法が使われていて、一度引っ掛かると経済的な損失をこうむるだけでなく、人間関係も破壊される」と指摘し、一定期間の間なら解約できるクーリングオフなどの救済策を紹介していました。
成人年齢の引き下げで、4月以降、親の同意がなくても18歳からクレジットカードやローンの契約を結ぶことが可能となり、消費者被害の拡大が懸念されています。
受講した教員の1人は「悪徳商法に詳しいわけではなかったので、勉強になった。学生が被害に遭わないようほかの教員とも連携していきたい」と話していました。
国士舘大学の長谷川均副学長は「4月に入学してくる1年生が悪質商法のターゲットになり、さらに被害が増えることが懸念される。成人年齢の引き下げが迫る中、先手、先手を打って対策を考えていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013456571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_011

【国内感染】新型コロナ 39人死亡 8万4934人感染(29日)NHK

29日は、これまでに全国で8万4934人の感染が発表されています。
また、兵庫県で6人、大阪府で6人、東京都で3人、神奈川県で3人、山口県で2人、広島県で2人、愛知県で2人、福岡県で2人、福島県で2人、群馬県で2人、三重県で1人、北海道で1人、千葉県で1人、宮崎県で1人、岡山県で1人、熊本県で1人、長野県で1人、青森県で1人、香川県で1人の合わせて39人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は空港の検疫などを含め260万4827人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて260万5539人となっています。
亡くなった人は国内で感染が確認された人が1万8737人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万8750人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は29日の新たな感染者数です。

▽東京都は55万155人(17433)▽大阪府は31万6014人(10383)▽神奈川県は23万3383人(8699)▽愛知県は16万801人(5613)
▽埼玉県は16万39人(3827)▽千葉県は13万8328人(3365)▽兵庫県は12万3283人(4634)▽福岡県は11万6819人(4949)
▽北海道は8万7266人(3002)▽沖縄県は8万1510人(979)
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013456761000.html

警官に催涙スプレーかけ殴る 公務執行妨害容疑で40代男逮捕 岐阜県警(29日)共同

 29日午前10時40分ごろ、岐阜県八百津町八百津の加茂署八百津交番前の路上で、同交番に勤務する男性警部補(55)が、交番前をうろつく不審な男に職務質問しようとしたところ、顔面に催涙スプレーを噴射された。警部補は病院に搬送され、頭部打撲、皮膚炎などの軽傷を負った。同署は公務執行妨害の疑いで、町内に住む自称自営業の40代の男を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、警部補に催涙スプレーを噴射した上、頭を殴る暴行を加え、職務執行を妨害した疑い。
 署によると、交番に居合わせた男性が「男が何かを叫びながら警察官を殴っている」と110番した。被害に遭った警部補が男を取り押さえ、駆け付けた別の警察官が逮捕した。
 警部補は業務上、男と面識があったという。署で動機などを調べている。
https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/37914

29日の人出、8割超で減少 まん延防止追加の18道府県(29日)共同

NTTドコモがまとめた29日午後3時時点の人出は、新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が27日から適用された18道府県の主要駅や繁華街計38地点のうち、8割を超える33地点で前週土曜日の22日を下回った。全国では計95地点のうち、78地点で前週より下がった。
 新型コロナ感染拡大前(2020年1月18日~2月14日)の休日平均と比べて、福岡・博多駅は28.9%減で、前週22日の20.5%減を8.4ポイント下回った。18道府県のうち、最も下げ幅が大きかったのは札幌駅の13.9ポイント。
https://nordot.app/860117542005751808?c=39546741839462401

自衛隊、トンガ支援活動を再開 コロナ感染で中断、水・食料空輸(29日)共同

防衛省統合幕僚監部は29日、派遣隊員の新型コロナウイルス感染のため一時中断していた自衛隊のトンガ支援活動が同日再開したと明らかにした。航空自衛隊のC130輸送機1機が、トンガのファアモツ国際空港まで飲料水約1900リットルや食料約4トンを届けた。今後もオーストラリアのアンバレー空軍基地を活動拠点に支援を続ける。
 防衛省によると、オーストラリア滞在中の空自部隊では隊員4人の感染が相次いで判明し、活動が中断。追加の要員を送り、態勢を補充した。29日にも濃厚接触者として隔離された隊員から新たに2人の感染が確認されたが、任務に影響はないという。
https://nordot.app/860121569963524096?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(29、30日 単位・レベル)
もう行政に頼るしかないのか
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20220129203301 Img_20220120_144121  子供の権利を守るため、政府は令和5年をめどに「こども庁」の設置を目指しているが、「こども家庭庁」だなんて、すったもんだしているようだが、東京都は今年4月に、子供の人権が侵害された場合に調査や勧告を行う「コミッショナー」の事業を始めることが決まった。
 子供は国の財産。日本は、それを守れない国なのか…
 … … … … …
 警察庁によると令和2年に全国で虐待を受けた児童数は10万6991人で、前年より8769人の増加。統計のある平成16年以降では最多となっている。
 虐待の内容で最多は心理的虐待の7万8385人にもなるが、暴行や殺人など身体的虐待も1万9452件もある。
 これに対して検挙件数は2133件で検挙人員は2182人。過去16年間で最多なのだ。この中で身体的虐待は1756件もある。
 子供の被害は虐待だけではない。児童買春事犯では2409件が検挙され検挙者数は1818人にものぼった。
 このほか、SNSに起因する事犯では1819人の被害児童数があるなど、刑法犯全体の被害少年は6万4679人もいるのだ。
 弱い立場の子供を痛め付けるなんていうのは人間のクズだ。その意味で、弱い者を守る施策には大いに期待したい。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察察庁標語)
(う)まい話しを信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
   すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

「見当たり捜査」捜査員の目で特殊詐欺の出し子を逮捕(29日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458874.html

★闇バイトの“エントリーシート”がきっかけ 特殊詐欺「かけ子」逮捕(29日)TBS
★パソコンに「ウイルス汚染」 60代男性が20万円詐欺被害(28日)共同
★警察庁、還付金詐欺防止へ「通話自粛を」 全銀協と連携(25日)日経
★コロナ対策悪用し融資金詐取容疑 組員逮捕、全国初か―兵庫県警(25日)時事
★教えて福田警部(13)検定 クイズで特殊詐欺の手口学ぼう(24日)共同(下野新聞)
★実在の会社の職員を名乗る男から電話 計10回約820万円だまし取られる(20日)TBS
★逮捕のきっかけは“仲間割れ” 特殊詐欺受け子の17歳高校生逮捕(18日)TBS
★「サポート詐欺」全国初摘発 フィリピン国籍の女ら3人を逮捕(18日)TBS

クレーン車でひき逃げ疑い 62歳男を逮捕(29日)産経

クレーン車で女性をはねて死亡させ、そのまま逃げたとして、愛知県警江南署は29日、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、岐阜県関市鍛冶町、会社員、石丸政喜容疑者(62)を逮捕した。同署によると、「交通事故をした覚えはありません」と容疑を否認している。
逮捕容疑は24日午前6時ごろ、愛知県江南市でクレーン車を運転中、交差点で自転車を運転していた保育士の土井祐佳さん(24)=同市上奈良町神明=をはねて死亡させ、そのまま逃走したとしている。
土井さんは通勤途中だった。防犯カメラ映像などから石丸容疑者が浮上した。
https://www.sankei.com/article/20220129-W7HDXTC3HNJJ5N54QBKPJW5YNQ/

北京五輪、選手団19人が陽性 1日で最多(29日)日経

【北京=秦明日香】北京五輪・パラリンピック大会組織委員会は29日、中国に28日到着した選手団のうち、空港での新型コロナウイルス検査で19人の陽性が判明したと発表した。入国直後の検査では1日あたりで最多。選手団以外では10人が陽性と判定された。
28日には選手団736人と関係者682人の計1418人が入国した。組織委は29日の記者会見で、2月4日の開幕に向け入国者が増えるにつれ陽性例が増加するのは当然とし「(外部との接触を遮断する)『バブル』内で感染が広がらないよう阻止できている。運営はうまくいっている」と強調した。
4~28日の五輪関係者の入国者は累計7146人で、空港で118人の感染が明らかになった。バブル内で全員に毎日課すPCR検査は約61万件となり、59人の陽性が判明している。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE291UC0Z20C22A1000000/

「首を絞めて殺した」不倫トラブルか 会社員の男が女性殺害(29日)TBS

東京・小金井市のアパートで元交際相手の20代女性を殺害したとして男が逮捕された事件で、男が、「もう一回つきあいたいと言ったが断られた」と供述していることがわかりました。
殺人の疑いで逮捕された、会社員の丸山一平容疑者(42)は、おととい(27日)夜、小金井市のアパートの一室でこの部屋に住む元交際相手で大学生の米丸怜那さん(23)の首を絞めるなどして殺害した疑いが持たれています。
警視庁によりますと、その後の取り調べで丸山容疑者が「もう一回付き合いたいと言ったが断られた」と供述していることがわかりました。さらに、アパートは鍵がかかった状態で、丸山容疑者が「携帯と鍵を持っていった」と供述していることもわかりました。警視庁は、犯行の詳しい経緯などを調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458878.html

「見当たり捜査」捜査員の目で特殊詐欺の出し子を逮捕(29日)TBS

高齢男性からキャッシュカードを盗み、現金を引き出したとして会社員の男が逮捕されました。いわゆる「見当たり捜査」が逮捕の決め手になりました。
逮捕されたのは会社員の角田憲人容疑者(25)で、先月、仲間と共謀して東京・調布市の90代男性に警察官を装ってうその電話をかけ、キャッシュカード6枚を盗み現金300万円を引き出した疑いがもたれています。
事件発生後の捜査で、警視庁は大田区にあるATMから男性のキャッシュカードを使い、8回にわたり通勤途中に現金を引き出す不審な男を特定しました。
防犯カメラの捜査で男が通勤で利用する駅を割り出し捜査員が顔の画像を頼りに張り込んでいたところ、雑踏の中から角田容疑者を発見したということです。角田容疑者は容疑を認めているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458874.html

宮城の山林への遺体遺棄容疑 女性監禁し2人で暴行加えたか(29日)NHK

宮城県内の山林に20代の知人女性とみられる遺体を遺棄したとして、当時栃木県さくら市に住んでいた男女2人が逮捕された事件で、2人はこの女性を監禁したうえ暴行を加えていた疑いがあることが警察への取材で分かりました。
宮城県白石市の無職、海部学容疑者(35)と、海部容疑者の妻の妹で栃木県益子町の無職、高木沙耶花容疑者(23)は、3年前の2019年12月、白石市内の山林に遺体を遺棄したとして栃木県警に逮捕され、警察は29日午前、高木容疑者を検察庁に送りました。
遺体で見つかったのは当時24歳だった知人女性とみられ、警察が確認を進めています。
警察によりますと、2019年の夏ごろから栃木県さくら市内のアパートで海部容疑者と妻、それに高木容疑者の3人で暮らしていましたが、秋ごろに妻は家を出たということです。
その後、アパートで知人女性を監禁し、2人で暴行を加えていた疑いがあるということで、警察は監禁の状況や死亡したいきさつについても今後調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013456121000.html

東京 新宿 山手通りでトラックなど多重事故 子ども含む8人けが(29日)NHK

29日昼前、東京 新宿区の山手通りでトラックや乗用車が追突や衝突などする事故があり、消防によりますと、子どもを含む8人がけがをしているということです。警視庁が詳しい状況を調べています。
29日午前11時半ごろ、東京 新宿区上落合の山手通りで、トラックや乗用車が次々と追突や衝突するなど、7、8台が関係する事故がありました。
消防によりますと、この事故で子どもを含む合わせて8人がけがをして病院に運ばれたということです。
いずれも意識があるものの、詳しい容体は分かっていないということです。
現場は交通量の多い片側2車線の直線道路で、この事故によりおよそ2時間にわたって一部が通行止めになりました。
事故は、信号待ちをしていた車に後続の車が追突したことをきっかけに起きたとみられるということで、警視庁が詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013456161000.html

東京都 新型コロナ 新たに1万7433人感染確認 過去2番目の多さ(29日)NHK

東京都は、29日都内で新たに1万7433人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
過去最多だった28日に次ぐ、2番目の多さです。
また、1週間前の土曜日のおよそ1.6倍です。
一方、都の基準で集計した29日時点の重症の患者は28日より2人増えて22人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013456391000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

「医師ら殺し自殺を」 母の死で自暴自棄か―逮捕の男、散弾銃2丁・埼玉県警(29日)時事

埼玉県ふじみ野市の民家で人質の医師が殺害された立てこもり事件で、殺人未遂容疑で逮捕された住人の渡辺宏容疑者(66)が「母が死に、医師らを殺して自殺しようと思った」などと供述していることが29日、県警への取材で分かった。
 県警は同日、容疑を殺人に切り替え、渡辺容疑者を送検した。事件前日に死亡した母親(92)の在宅診療に当たった医師らを自宅に呼び付けていたことから、母の死で自暴自棄になり銃撃を計画した可能性もあるとみて調べている。
 県警によると、渡辺容疑者は逮捕直後は黙秘していたが、その後の調べに「母が死んでしまい、この先良いことがないと思った。自殺しようと思い、自分一人ではなく先生やクリニックの人を殺そうと考えていた」と話したという。
 渡辺容疑者は27日午後9時ごろ、自宅で散弾銃を発砲し、訪れた医師の鈴木純一さん(44)を人質に取って籠城した。立てこもりの最中、説得に当たった捜査員に対し、「死にたい」という趣旨の話をしていたが、翌朝、突入した捜査員が身柄を確保した際、自傷の形跡はなかったという。
 渡辺容疑者は約3年前の転居後間もなく、鈴木さんが経営する在宅クリニックの訪問看護を利用していた。26日に母親が病死した際にみとったのが鈴木さんだった。
 当日は渡辺容疑者に呼び付けられ、鈴木さんはスタッフと7人で訪問した。同容疑者は母親の遺体が安置された6畳間で散弾銃2丁や催涙スプレーを持ち出したが、1丁は一緒にいたスタッフが取り上げ避難。しかし、残る1丁で理学療法士の男性(41)が銃撃を受けて重傷を負い、鈴木さんもこの時、胸を撃たれたとみられている。
 2丁の銃はそれぞれ2000年と08年、標的射撃のため所持が認められ、20年11月に許可が更新されていた。県警はこうした銃所持の経緯についても調べるとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012900145&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

WHO、緊急事態宣言から2年 コロナ警戒継続、解除めど立たず(29日)共同

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)が新型コロナについて「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」と宣言し、各国に最高度の警戒態勢を取るよう求めてから30日で2年。変異株のオミクロン株が報告された昨年11月以降、感染者は爆発的に増加し、宣言解除のめどは立っていない。
 オミクロン株は重症化率が低いとされるため、感染拡大防止策を緩和する動きも相次いでいる。だが感染拡大を放置すると、さらなる変異を招き、感染力も致死率も高いウイルス出現の可能性もあるため、WHOは警戒継続を訴えている。
https://nordot.app/860061176885460992?c=39546741839462401

日能研からメアド28万件流出か 中学受験生の保護者ら(29日)共同

学習塾大手の日能研(横浜市)は29日、ホームページに不正アクセスがあり、中学受験のため通ったり、テストを申し込んだりした子どもの保護者らのメールアドレス最大28万106件が、外部に流出した可能性があると発表した。他の個人情報は含まれないが、フィッシング詐欺などに使われる恐れがあるとして対象アドレスにメールで通知した。

 日能研によると、迷惑メールが届いているとの相談を受け調査し、2021年12月上旬に不正アクセスを受けたと判明。政府の個人情報保護委員会に届け出て、神奈川県警港北署にも被害を伝えた。
https://nordot.app/860051547029176320?c=39546741839462401

侵入容疑で家裁調査官逮捕 群馬、盗撮目的か(29日)産経

群馬県警高崎署は28日、住居侵入容疑で、埼玉県上尾市小泉、前橋家庭裁判所調査官、沼沢悟容疑者(51)を逮捕した。署によると、侵入したとされる女性宅の脱衣所から小型カメラが見つかった。沼沢容疑者は「盗撮目的だった」と話し容疑を認めているという。
逮捕容疑は、23日昼ごろから25日夕までに、正当な理由がないのに群馬県内に住む女性の自宅に侵入したとしている。
何者かが家に入ったようだと女性が署に相談した。女性の特定につながるとして、署は沼沢容疑者との関係などを明らかにしていない。
https://www.sankei.com/article/20220129-PJKQB6DC3FP3ZMZ5XX3HV6EMV4/

警察の備品を盗んでフリマアプリで売った疑い 30代職員を書類送検(29日)朝日

香川県警の備品を盗んだとして、県警は28日、人事課の30代男性職員を窃盗容疑で高松地検に書類送検し、発表した。県警は同日、減給6カ月(10分の1)の懲戒処分とし、男性は同日付で依願退職した。
 県警監察課によると、男性は昨年6月と11月、県警本部の倉庫にあった靴や雨具などの備品13点を持ち出し、一部をフリマアプリで売却した疑いがある。男性は「商品が売れてお金が増えるのが気持ちよかった」と容疑を認めているという。
 河合潤一郎・首席監察官は「県民の皆様の信頼を裏切ったことに対し、深くおわび申し上げます」などとコメントした。(谷瞳児)
https://www.asahi.com/articles/ASQ1Y2FZKQ1XPTLC00Z.html

闇バイトの“エントリーシート”がきっかけ 特殊詐欺「かけ子」逮捕(29日)TBS

高齢女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、特殊詐欺の「かけ子」の男が逮捕されました。逮捕のきっかけは、犯行グループのリクルート役の携帯電話に保存されていた“エントリーシート”でした。
詐欺の疑いで逮捕された東京・八王子市の無職・山下勇人容疑者(24)は、去年4月、仲間と共謀し、東京・台東区の80代女性にうその電話をかけ、キャッシュカード4枚をだまし取った疑いがもたれています。山下容疑者は特殊詐欺の犯行グループの「かけ子」で、取り調べに対し、「SNSを通じて闇バイトに応募した」と容疑を認めているということです。
警視庁によりますと、別の事件で逮捕された犯行グループのリクルート役の携帯電話に保存されていた240人分の「闇バイト」の“エントリーシート”に山下容疑者の情報があり、逮捕にいたりました。警視庁は、このグループのメンバーあわせて13人を逮捕していて、被害総額はおよそ7000万円に上っているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458599.html

浦安市で女子高校生スカート盗撮 共犯者の女が声かけか(29日)TBS

女子高校生を盗撮するなどとした動画を販売していたとみられる男が千葉県で逮捕された事件で、男は共犯者とみられる女と2人で女子高校生に声をかけていたことが分かりました。
おととい逮捕された小山健太郎容疑者(34)は、2019年に千葉県浦安市の商業施設で女子高校生2人のスカート内を盗撮した疑いが持たれています。
警察によりますと、小山容疑者はインターネット上で盗撮動画を販売し、これまでに5000万円以上を稼いだとみられています。その後の警察への取材で、小山容疑者と同行していた女がインタビューを装って女子高校生に声をかけたことが新たに分かりました。警察は、この女が共犯者だったとみて行方を捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4458649.html

郵便局窓口業務休止相次ぐ 全国で45 新型コロナ感染急拡大で(29日)NHK

新型コロナウイルスの感染急拡大で、郵便局では窓口業務を休止するところが相次いでいて、生活を支える身近なサービスにも影響が広がっています。
日本郵便によりますと、従業員が感染したり、濃厚接触者になったりして、28日夕方の時点で、全国45の郵便局が窓口業務を休止しているということです。
従業員が数人の小規模な郵便局が大半ですが、なかには利用者が多い都市部の郵便局もあり、東京 世田谷区の「世田谷上野毛郵便局」では今月20日から休業しています。
ふだんは一日当たり平均で100人余りが利用していますが、窓口だけでなくATM=現金自動預け払い機も含めて休業していて、近隣の郵便局を利用するよう呼びかけています。
また、同じ世田谷区にある1日当たり平均1000人が利用する郵便局でも、今月24日から窓口業務を休止しています。
郵便局を訪れた女性は「ふだん利用できていた場所が使えなくなるようなことがどんどん増えると、本当に困ります」と話していました。
日本郵便は、社員が出勤できなくなった場合、近隣の郵便局から応援職員を派遣するなどしていますが、場所によって人繰りがつかなくなっているということです。
一方、郵便物やゆうパックなど配達の業務は、28日の時点で、沖縄県の離島の伊平屋村宛てのゆうパックの引き受けを停止している以外は、大きな影響は出ていないということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220128/k10013455471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_012NHK

政府 緊急事態宣言 慎重に判断の方針 発出回避したい考え(29日)NHK

新型コロナの急速な感染拡大で、各地で病床の使用率が上昇し、東京では緊急事態宣言の発出の要請を都が検討するとしている50%に迫っています。
政府は重症者数なども含めて慎重に対応を判断する方針で、医療提供体制の確保に努め宣言の発出を回避したい考えです。
新型コロナの新たな感染者は、28日、全国で初めて8万人を超えて4日連続で過去最多を更新しました。
急速な感染拡大が続く中、各地で病床の使用率が上昇していて、東京では、28日の時点で46.1%と、都が緊急事態宣言の発出の要請を検討するとしている50%に迫っています。
山際新型コロナ対策担当大臣は、東京都から宣言の要請があった場合の対応について「病床使用率が1つの要素であることは間違いないが、重症者の数がどう増えていくのかを含めて総合的に判断しなければならない」と述べ、慎重に判断する考えを示しました。東京にまん延防止等重点措置が適用されてから1週間がたつ中、政府は、引き続き飲食店の営業時間の短縮などの対策を徹底するとともに、医療提供体制の確保に努め、宣言の発出を回避したい考えです。
一方、政府はオミクロン株対策として濃厚接触者に求めている待機期間を今の10日間から7日間に短縮することを決め、検査で陰性であれば最短で6日目に解除できるいわゆる「エッセンシャルワーカー」についても5日目に解除できるようにする方針です。
そして、感染拡大防止と社会経済活動の維持の両立に向けて、ウイルスの特性を踏まえながらさらなる待機期間の短縮も検討するなど、今後も機動的な対応を講じることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220129/k10013455581000.html

広島の地元議員「重く受け止める」 大規模買収事件「起訴相当」議決(29日)時事

参院選をめぐる河井克行元法相(58)らによる大規模買収事件で、現金を受領した広島県議ら35人を「起訴相当」とする検察審査会の議決が公表されたことを受け、地元議員らは28日、「重く受け止める」などと述べた。
 計200万円を受け取り、起訴相当となった奥原信也県議(79)は議決について「大体そうなると思っていた。重く受け止めている」と記者団に話した。辞職の意思については明らかにせず、「捜査に協力していきたい」と述べるにとどめた。
 計50万円を受け取り、起訴相当とされた三宅正明広島市議(49)も「検審の判断は市民感情であり、重く受け止めている」と話した。
 一方、30万円を受領したものの後で返却した山下智之県議(62)は「不起訴相当」の判断となった。「ほっとした。審査会が丁寧に判断してくれたことは大変ありがたい」と話した上で、「一区切りついたが、政治不信を招いたことについては非常に申し訳なく思っている」と陳謝した。
 同じく不起訴相当の窪田泰久県議(45)は「真摯(しんし)に受け止める。有権者には迷惑をかけた分、これからの活動で説明していきたい」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012801189&g=soc

ベッドに母遺体、身潜める男 閃光弾で突入、医師も同じ部屋に―人質立てこもり(29日)時事

閃光(せんこう)弾を放って室内に突入した捜査員が目撃した光景は異様だった。28日に容疑者が逮捕された埼玉県ふじみ野市の人質立てこもり事件。踏み込んだ一室で倒れている医師が発見されたほか、そばのベッド上には散弾銃と女性の遺体、隙間に身を潜める容疑者の男が見つかった。
 殺人未遂容疑で逮捕された住人の渡辺宏容疑者(66)。約3年前、事件現場に母親(92)と移り住み、車いすを押して散歩するなど看病を続けていた。
 事件の第一報は27日午後9時15分ごろ、「男性が倒れ込んでいる」との近隣女性からの通報だった。男の怒鳴り声の後、鳴り響く発砲音を多くの人が耳にした。人質となったのは、前日に母親の最期をみとった鈴木純一医師(44)。この日は他のスタッフと共に呼び出されて事件に巻き込まれた。
 県警は359人を現場周辺に動員。周辺住民を避難させるとともに、捜査員が交渉に当たった。渡辺容疑者は複数回の電話での説得に対し、「(鈴木医師を)救出したい」「動かない」などと精神的に不安定な様子を示し、そのうち応答しなくなった。
 発生から約11時間後の28日午前8時ごろ、救出のため複数の捜査員が鍵を破壊し、閃光弾を放って室内に突入。玄関脇の6畳間の和室で、鈴木医師が胸を銃撃されてあおむけに倒れており、そばのベッド上には母親の遺体と散弾銃が。渡辺容疑者はベッドと掃き出し窓の狭い隙間に身を隠しているのが見つかり、身柄を確保された。
 県警捜査1課の佐藤勝彦課長は同日午後の記者会見で、「被害者は当初から銃撃を受けて重篤な状況だったと思われるが、生存しているとの想定の下で交渉を続けていた」と明かした。「できるだけのことはやった」としつつ、「結果的に亡くなったのは残念だ」と無念さをにじませた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022012801222&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

銃声、血だらけでうずくまる男性 近くには小、中学校も…ふじみ野立てこもり、住民ら避難し不安な一夜送る(29日)共同

医師が銃撃されて人質となったのは、在宅クリニックの患者宅だった。埼玉県ふじみ野市で2人が死傷した人質立てこもり事件。発生から約11時間後の28日、県警が逮捕した男(66)宅では母親の遺体が見つかった。「介護の対応に怒っていた」。優しく献身的と慕われた医師の男性(44)はなぜ犠牲になったのか。突然の惨劇に、周辺住民は避難して不安な一夜を送った。
 現場は東武東上線ふじみ野駅から西に約2キロ離れた住宅地の一角。近くには小学校や中学校がある。
近くに住む女性(69)は銃声を聞いた。「お風呂に入っていたら、ボーンという音が聞こえた。今まで聞いたことのないような音だった」と振り返る。様子をうかがいに外に出ると、パトカーや救急車などがたくさん来ていたという。「警察官にも『立てこもりが発生したので外に出ないで』と言われた。銃を持っている人がいたなんてびっくり」と振り返った。
 近所の男性(43)は銃声を2回聞いた。「男性が血だらけの状態でおなかのあたりを抱えてうずくまっていた。女性が『救急車』と叫んでいた」と話す。一時避難した男性は「すぐ終わると思っていたが気付いたら大ごとになっていた」と話した。
避難した10代の学生は「帰ってきたら自宅が規制線でふさがれていたという。「家に入ろうとしたら、危ないので避難してください」と言われ、避難所に身を寄せた。
 近くに住む無職男性(91)は男について、「トラブルは聞いたことない」と語る。数年前に男らが引っ越してきた際、「母親が病気で、近所同士で付き合えないと言われた」。会話の際は普通の人だと思ったが、「銃を持っているなんて知らなかったし、そんなことをするなんて思いもしなかった」と驚いていた。
https://nordot.app/859928433323540480?c=39546741839462401

大崎事件第4次請求審理が終結 鹿児島地裁、再審可否判断へ 時期は未定(29日)共同

大崎町で1979年に男性の変死体が見つかった「大崎事件」で、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(94)の第4次再審請求の進行協議が28日、鹿児島地裁であり、弁護側と検察側がそれぞれ最終意見を提示し、審理は終結した。地裁が今後、再審開始の可否を判断する。時期は未定。
 最終意見で弁護側は、確定判決が認定した絞殺時刻より前に、男性が自転車からの転落で事故死した可能性を主張した。救命救急医の医学鑑定などを新証拠として提示。男性は首を損傷し全身状態が悪化、壊死(えし)した腸管からの大量出血が死因とした。検察側は請求棄却を求めた。非公開の進行協議後に会見した弁護団によると、検察側は最終意見書で「新証拠は証明力を有さず、新証拠には当たらない」と主張した。裁判官は再審開始の可否を示す時期について、3月までの判断を求める弁護団に「約束できない」と回答したという。
 弁護団の鴨志田祐美事務局長は「集大成となる強い証拠を提出できた。再審開始以外ありえない。年内に再審を実現したい」と力を込めた。
 原口さんは一貫して無実を訴え、懲役10年の判決確定で服役後に再審を請求。これまで3回の請求で通算3度の開始決定が出たが、いずれも上級審で退けられ、2020年3月に4回目を申し立てた。
https://373news.com/_news/storyid/150605/

« 2022年1月28日 (金) | トップページ | 2022年1月30日 (日) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ