茨城県古河市の介護老人保健施設「けやきの舎」で令和2年7月、入所していた無職男性がシリンジ(注射筒)で体内に空気を注入され死亡し、今月8日に殺人容疑で元職員の赤間恵美容疑者(36)が逮捕された事件で、県警古河署捜査本部は29日、別の入所者に対する殺人容疑で、赤間容疑者を再逮捕した。
事件は連続殺人の疑いが強まる事態に発展した。
逮捕容疑は、2年5月30日午後3時半ごろ、施設内で、入所していた古河市の無職、鈴木喜作さん=当時(84)=の体内にシリンジで空気を注入し、急性循環不全により殺害したとしている。
赤間容疑者は同年7月6日午後0時半ごろ、施設内で、ベッドにいた入所者の無職、吉田節次さん=当時(76)=の脚につながれた点滴チューブに空のシリンジを接続、静脈に空気を注入して殺害した疑いで逮捕されていた。
捜査本部は認否を明らかにしていない。水戸地検は29日、吉田さんへの殺害容疑を処分保留とし、鈴木さん殺害容疑とともに捜査を続ける。
https://www.sankei.com/article/20211229-TXVL6Z5JCZN4BKYTDCDZY6YRGU/