宇都宮中央署は30日、文星芸術大(宇都宮市)で美術学部3年の女子学生、西岡洸さん(21)=同市富士見が丘=が作品制作中に重いやけどを負う事故が22日に発生し、入院していた西岡さんが30日に死亡したと明らかにした。
署によると、22日午後2時10分ごろ、鉄板をグラインダーという道具で切る作業をしていた際、火花が衣服に引火。宇都宮市内の病院に搬送された。死因はやけどに伴う蘇生後脳症だった。事故に至った原因を調べている。
https://www.sankei.com/article/20211231-N42YLQFX6VIUFC524GDMDAASKQ/