カテゴリー

« メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同 | トップページ | 情報機関、日本武官の活動「把握」 ロシア通信社が実名報道(11日)時事 »

2021年11月11日 (木)

運用会社変え、勧誘継続 容疑者、配当停滞隠す狙いか―警視庁(11日)時事

 投資グループ「ジュビリー」による金融商品取引法違反事件で、警視庁に逮捕された会社役員玉井暁容疑者(53)らが出資を募る投資運用会社を次々と変え、勧誘を繰り返していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 同庁生活経済課は、出資者への配当の支払いに行き詰まると会社を変え、出資金の募集を続けようとしたとみて調べる。
 玉井容疑者らは、無登録で約1700万円相当の暗号資産(仮想通貨)の出資を募ったとして逮捕された。
 捜査関係者などによると、玉井容疑者らは2019年4月、人工知能(AI)を使った自動取引で月利20%を保証するなどと説明し、投資運用会社「ジュビリーエース」への出資の勧誘を開始。20年夏ごろには「第2のビジネス」「進化したAIを導入」などと宣伝し、さらに高い配当を出すとうたう「ジェンコ」でも資金を募り始めた。
 20年11月に出資者が両社からの配当を引き出せなくなったが、今年5月には、ビッグデータを使って利益を生むとして、「グローバリティクス・テック・リサーチ(GTR)」への投資を呼び掛けた。
 出資者には「投資運用会社はいずれも海外に所在する」と説明。出資額を10万円以上に設定し、高配当を保証するなどと説明していた。
 玉井容疑者らは全国の大学生らに暗号資産の出資を募り、約650億円相当を集めた疑いがあり、同庁が調べている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111001200&g=soc

« メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同 | トップページ | 情報機関、日本武官の活動「把握」 ロシア通信社が実名報道(11日)時事 »

生活関連事件(生安部の事件 風営法等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同 | トップページ | 情報機関、日本武官の活動「把握」 ロシア通信社が実名報道(11日)時事 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ