カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2021年11月20日 (土)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日 単位・レベル)
重要犯罪も減少
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20211120210301F1014397-1 重要窃盗犯が減少と書いたが、数字的には少ないが重要犯罪も減っている。罪種によって違うが検挙率も全体的にアップしている。数字的には安定だが、電車や駅構内における刃物使用の無差別襲撃事件もあるとあっては、必ずしも「治安の安定」とは言えない。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年10月現在の重要犯罪の認知件数は7345件で前年同期より139件の減少。なかで最も減少したのは強盗で250件も減少している。
 ところが強制わいせつが99件増、強制性交等は63件の増加。略者誘拐・人身売買も49件も増えるなど、世の中は甘くはないものですね。
 認知件数のランキングは東京の1029件、大阪の916件、埼玉の531件、兵庫の466件、愛知の465件などとなっているが、京都がなんと前年同期より57件も減って118件だった。
 一方、検挙率は前年より0.6ポイントダウンして90.4㌫。ランキングは高知の111.5㌫、島根の108.3㌫、新潟の106.0㌫、京都の105.9㌫、愛媛の103.3㌫だった。
 低かったのは滋賀の67.7㌫、長崎の77.3㌫、大阪の79.6㌫、宮城の79.9㌫、長野の80.9㌫と続いているが東京は97.8㌫とランクを落としている。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 
【悪質商法はうそつき】 (警察察庁標語)

(う)まい話を信用しない
(そ)そうだんする
(つ)られて返事しない
すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

★コロナに乗じた「非対面型」の特殊詐欺増加 外国人の受け子も(13日)産経
★メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同
★暗号資産詐取容疑で再逮捕 会社代表ら、20億円被害か―大阪府警(8日)時事
★都内70代女性から2000万円詐欺の疑い 37歳女を逮捕
★時短協力金めぐり架空請求 飲食店ターゲットに相次ぐ(5日)産経
★自傷行為に走った詐欺犯、埼玉県警に「女性だました」と電話…警官が自宅へ急行し病院に搬送 退院後に逮捕(4日)共同
★不審だな…駅で2つのタブレットを見ていた女逮捕 警官が職質し、女がカードを盗んだ事件が発覚したため(3日)共同
★三井住友信託元行員を逮捕 詐欺容疑、被害7億円超か(2日)

 

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

留置所

無料ブログはココログ