自身の関連会社「羽田空港格納庫合同会社」(東京都渋谷区)の資金約1億円を私的に流用したとして、警視庁捜査2課は28日、業務上横領容疑で、元参院議員、山内俊夫容疑者(74)を逮捕した。捜査2課は、山内容疑者の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は平成31年3月、京都市と香川県東かがわ市の土地購入の費用などに充てるため、同社の資金約1億円を流用したとしている。流用したのは、羽田空港の格納庫を購入するための資金だったという。
山内容疑者が高松市の不動産会社「マルナカホールディングス」側に、航空関連会社「ウイングズオブライフ」が所有していた格納庫の売買の話を持ち掛け、30年4月、マルナカと、山内容疑者が代表理事を務めていた一般社団法人「資源外交戦略研究所」が羽田空港格納庫合同会社を設立。ウイングズ側から格納庫を買い受けた際に、マルナカ側が用意した購入資金28億円の一部を流用したという。流用の総額は約2億円超に上るとみられる。
格納庫は転売する予定だったが、その計画が進展しないことを不審に思ったマルナカ側が売買の交渉状況などについて確認を進めたところ流用に気づき、令和2年末ごろに警視庁に相談していた。
https://www.sankei.com/article/20211128-C2UFU5C23ZMZ7L52GGGXF6QEFQ/