カテゴリー

« 2021年11月26日 (金) | トップページ | 2021年11月28日 (日) »

2021年11月27日 (土)

2021年11月27日 (土)

ヤクルトが20年ぶり日本一 セ球団9年ぶりの栄冠―プロ野球(27日)時事

プロ野球セ・リーグを制したヤクルトは27日、ほっともっとフィールド神戸で行われた日本シリーズ第6戦でパ・リーグ王者のオリックスに延長十二回2―1で勝ち、対戦成績4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一に輝いた。セ球団の日本一は9年ぶり。

<プロ野球ポストシーズン2021>

 前年まで2年連続の最下位に沈み、今季リーグ優勝を果たしたチーム同士の対戦。ヤクルトは第1戦を落としてから3連勝。第5戦に敗れた後、敵地で悲願を遂げた。高津臣吾監督は就任2年目で初栄冠。オリックスは25年ぶりの日本シリーズ制覇を逃した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112700575&g=spo  

歌舞伎町ビルの男性死亡、複数から暴行か(27日)産経

27日午後2時45分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町で「ビル屋上で人が殴られている」と、別のビルなどから目撃したとみられる女性から110番通報が入った。警視庁新宿署員が駆け付けたところ、男性が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。男性は身分証などは持っておらず、新宿署は身元の確認を進めるとともに、傷害致死事件として逃げた人物らの行方を追っている。
新宿署によると、男性は胸や顔に殴られたような痕があった。目撃した女性によると、複数から暴行を受けたとみられる。警察官が駆け付けた際には、屋上には倒れていた男性以外はいなかった。男性は赤のジャンパーに黒のスエット姿。髪を緑と金色に染めているという。
https://www.sankei.com/article/20211127-XZ5CC4RZONJKVID54EZKOEY77I/

警視庁 女性白バイ隊員のバイク実技教室、初心者ライダーにアドバイス(27日)TBS

オートバイの交通死亡事故を減らそうと、警視庁は女性白バイ隊員による実技教室を開きました。
 きょう、東京・世田谷区で行われた実技教室には、免許取得5年未満の経験の浅い運転手34人が自前の250cc以下のオートバイに乗り、女性白バイ隊員の指導を受けました。
 実技教室では、女性白バイ隊員が参加者に対し乗車前の車両点検の方法や運転時の姿勢の取り方のほか、ブレーキのかけ方などをアドバイスしました。都内ではオートバイの死亡事故のうち250cc以下のオートバイ事故が増えているということです。
 警視庁によりますと特に初心者による事故が相次いでいるということで、警視庁は「ヘルメットやプロテクターを着用し、安全運転をして欲しい」としています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4414517.html

【国内感染】新型コロナ 1人死亡 127人感染確認(27日20:50)(27日)

27日はこれまでに全国で127人の感染が発表されています。
また、埼玉県で1人の死亡の発表がありました。
国内で感染が確認された人は、空港の検疫などを含め172万6720人、クルーズ船の乗客・乗員が712人で、合わせて172万7432人となっています。
亡くなった人は国内で感染が確認された人が1万8357人、クルーズ船の乗船者が13人の合わせて1万8370人です。
各自治体などによりますと、国内で感染が確認された人は累計で次のとおりです。( )内は27日の新たな感染者数です。

▽東京都は38万2179人(16)▽大阪府は20万3100人(19)▽神奈川県は16万9244人(11)▽埼玉県は11万5817人(10)▽愛知県は10万6869人(8)▽千葉県は10万447人(2)▽兵庫県は7万8678人(5)▽福岡県は7万4604人(7)▽北海道は6万1127人(11)▽沖縄県は5万309人(2)続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211127/k10013364691000.html

「安らかに天国へ」 兄弟の通夜しめやかに―兵庫・稲美で住宅が放火された事件(27日)時事

「安らかに天国へ」。兵庫県稲美町で住宅が放火された事件で、亡くなった小学6年松尾侑城君(12)、弟の同1年真輝君(7)の通夜が27日夜、同県加古川市の葬儀場でしめやかに営まれ、参列者らは突然の死を悼んだ。

住宅2遺体、放火疑い 小学生兄弟か、現場に可燃性液体―伯父の行方追う・兵庫県警

 参列者によると、会場には笑顔の兄弟が一緒に写った遺影が飾られ、ひつぎには野球が好きな兄弟のために阪神タイガースのユニホームやおもちゃのバットが供えられていた。すすり泣く兄弟の母親に、手紙を渡す子供の姿もあったという。
 地元の自治会長辻元久一さん(72)は「事件の前日まで元気でいた子が亡くなって非常に残念。安らかに天国へ行ってほしい」と話した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112700528&g=soc

 

技術磨き交通事故抑止 白バイ安全運転競技大会(27日)時事

県警の白バイ安全運転競技大会が23日、佐賀市の県運転免許試験場で開かれた。交通機動隊員の14人が参加し、普段の訓練で鍛えた正確な運転を競い合った。取り締まり技術向上による交通事故抑止につなげる。
 8の字走行や小道路旋回を競う「バランス走行操縦競技」と曲線コースを正確に走る技能を競う「スラローム競技」の2競技で、走行タイムや障害物接触による減点などで成績を評価した。
 当日は小雨でコースがぬれ、滑りやすい環境での大会となった。隊員たちは休日や業務の合間を縫って訓練を積んでいて、磨き上げた技術で300キロを超える白バイを丁寧に操った。
 一般隊員部門では、友人を交通事故で亡くしたことをきっかけに、最前線で事故を防ごうと白バイ隊員になった與田透麻さん(22)が優勝した。與田さんは「技術が上がると視野や行動範囲が広くなり、事故なく取り締まることにつながる。今後も訓練を続け、県内の交通事故を一件でも減らしたい」と決意を新たにした。
 白バイ特別訓練員部門では、北村敏一巡査部長が優勝した。(森田夏穂)
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/774682

新宿歌舞伎町のビルで男性死亡 殴打か、傷害致死で捜査(27日)産経

27日午後2時45分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目のビル屋上で「人が殴られている」と目撃した女性から110番があった。警視庁新宿署員が駆け付けたところ、男性が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。同署は男性の身元の確認を進めるとともに、傷害致死事件として現場から逃げた人物の行方を追っている。
 署によると、男性は顔や体に傷があった。数人から殴られていたという情報もある。
現場は西武新宿駅から東に約400メートルの飲食店などが立ち並ぶ繁華街の一角。
https://nordot.app/837278552676925440?c=39546741839462401

犯罪被害者家族が講演、広島 「困った人陥れるのやめて」(27日)

犯罪の被害者や残された家族に必要な支援の在り方などを知ってもらおうと、広島被害者支援センターは27日、広島市で講演会を開いた。2004年10月、広島県廿日市市の自宅で長女=当時(17)=を殺害された北口忠さん(64)は、事件後に情報提供の見返りに現金を要求されたり、宗教勧誘をされたりしたといい「困った人を陥れるようなことはやめてほしい」と訴えた。
 北口さんは「犯罪被害者等の置かれた立場」というテーマで講演。「困ったとき、警察官などの的確で素早い対応が力になった」と話し、会場に集まった約130人が真剣な表情で聞き入った。
https://nordot.app/837276411064942592?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
迷惑防止条例違反が増えている
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20211127213701 Img_20211121_123922  高校3年の女子生徒(18)のスカート内にスマートフォンを差し入れたとして、陸上自衛隊宇治駐屯地の2等陸曹(40)が京都府警に府迷惑行為等防止条例違反の疑いで逮捕された。実はこの迷惑防止条例違反と大麻取締法犯の検挙者が増えている。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年10月現在の特別法犯の検挙件数は5万6958件で、前年同期より1243件の減少。検挙人員も4万6677人ど同2300人の減だった。
 最も検挙件数が多かったのは覚醒剤取締法の9041件、前年より323件の減少。検挙人員も特別法犯でも最多で6097人だったがやはり446人の減少だった。覚醒罪に変わって台頭してきたのが大麻取締法で、なんと818件も増えて検挙件数は5410件。人員も404人増の4264人だった。
 そして迷惑防止条例—6980件の検挙で、しかも前年同期より855件も増えている。検挙人員も5329人で300人の増加。この時期—それだけストレスが溜まっているのだろうか…
 さらに軽犯罪法の6673件と続づき、入管法も3984件だったが前年より1659件も減っている。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】 (警察察庁標語)

(う)まい話を信用しない
(そ)そうだんする
(つ)られて返事しない
すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

特殊詐欺に使われたIP電話番号、利用停止の対象に 警察が要請開始(27日)朝日
https://www.asahi.com/articles/ASPCV7JZ7PCVUTIL047.html

★「出し子」写真公開で出頭 詐欺疑いで男逮捕、神奈川(23日)共同
★「受け子」応募した100人超の顔写真、容疑者のスマホに 中高生も(21日)朝日
★乗じた「非対面型」の特殊詐欺増加 外国人の受け子も(13日)産経
★メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同
★暗号資産詐取容疑で再逮捕 会社代表ら、20億円被害か―大阪府警(8日)時事
★都内70代女性から2000万円詐欺の疑い 37歳女を逮捕
★時短協力金めぐり架空請求 飲食店ターゲットに相次ぐ(5日)産経

 

東京都 新型コロナ 新たに16人感染確認 16日連続で30人下回る(27日)NHK

東京都は27日、都内で新たに16人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の土曜日と同じ感染者数です。
都内の一日の感染確認が50人を下回るのは42日連続、30人を下回るのは16日連続です。
一方、都の基準で集計した27日時点の重症の患者は26日と同じ7人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211127/k10013364511000.html

警視庁 女性白バイ隊員のバイク実技教室、初心者ライダーにアドバイス(27日)TBS

 オートバイの交通死亡事故を減らそうと、警視庁は女性白バイ隊員による実技教室を開きました。
 きょう、東京・世田谷区で行われた実技教室には、免許取得5年未満の経験の浅い運転手34人が自前の250cc以下のオートバイに乗り、女性白バイ隊員の指導を受けました。
 実技教室では、女性白バイ隊員が参加者に対し乗車前の車両点検の方法や運転時の姿勢の取り方のほか、ブレーキのかけ方などをアドバイスしました。都内ではオートバイの死亡事故のうち250cc以下のオートバイ事故が増えているということです。
 警視庁によりますと特に初心者による事故が相次いでいるということで、警視庁は「ヘルメットやプロテクターを着用し、安全運転をして欲しい」としています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4414517.html

屋上からカート落とした疑い 中2少女逮捕、2人児相へ(27日)共同

大阪府警住之江署は27日、商業施設の屋上から歩道へ意図的に買い物カートを落としたとして、殺人未遂の疑いで同府内在住の中学2年の少女(14)を逮捕し、同じ学校に通う同学年の13歳の女子2人を児童相談所に通告したと発表した。
 署によると、けが人はいなかったが、逮捕された少女は「遊び半分だった。人がいない時を見て投げたが、もし人に当たったら死んでしまうと分かっていた」と話しているという。
 逮捕容疑は26日午後6時25分ごろ、大阪市住之江区新北島1丁目のディスカウント店「ドン・キホーテパウ住之江公園店」の屋上から、21.5m下の歩道へカートを落とした疑い。

https://nordot.app/837147563738234880?c=39546741839462401

盗難が多発する電動自転車バッテリーの守り方(27日)産経

電動アシスト自転車のバッテリーが盗まれる被害が全国で相次いでいる。定期的な交換を要するバッテリーはニーズが高く、フリーマーケットアプリ上では1個数千~数万円での転売が目立つ。昨年来の新型コロナウイルス禍で、「密」を避けられる移動手段として普及したことも影響しているとみられる。警察幹部は「帰宅時は取り外し、屋内で保管するなど、『狙われているかも』といった意識を持って」と呼び掛けている。

フリマアプリで転売

大阪府東大阪市の住宅街で8月6日夜、民家にとめられた電動アシスト自転車に近づく不審な2人組がいた。翌朝、住人の30代女性が自転車のバッテリー(2万円相当)が抜き取られているのを発見。女性から被害申告を受け、大阪府警捜査3課などは現場付近の防犯カメラ映像を精査して2人組を特定し、10月に窃盗容疑で逮捕した。
府警によると、逮捕されたのは、東大阪市の塗装工の男(41)と妻(26)。塗装工の稼ぎだけでは十分な生活費を捻出できず、自身の電動アシスト自転車のバッテリーをフリマアプリに出品したところ、高額で売れたため、夫婦でバッテリー盗を繰り返すようになったという。
令和元年8月以降、フリマアプリ上に2人の名前で登録されたアカウントから、少なくとも30台分のバッテリーが約5千~約2万円で出品されていた。自宅の家宅捜索では5台分のバッテリーを押収。2人は容疑を認め、「その日暮らしの生活費を稼ぐために、夫婦でバッテリーを盗んでメルカリに転売していた」と供述した。府警は11月9日に窃盗容疑で夫婦を再逮捕して余罪を調べている。
https://www.sankei.com/article/20211127-3WDUKJKKOZOYBI22AYYC2NLKII/

駅前で両手に刃物の男「止めるしか…」高校生3人、体が勝手に動いた(27日)朝日

JR福島駅で刃物を持った男が女性を切りつけ、傷害容疑で現行犯逮捕された事件。現場となった駅西口で容疑者を取り押さえ、出血する被害者を救護した県立高校に通う2年生の男子生徒3人が朝日新聞の取材に応じ、事件当時を振り返った。

 15日午後4時前。同じクラスで、遊び仲間の男子生徒3人(いずれも17)は福島駅西口の駐輪場に自転車を止め、駅ビル内のマクドナルドに向かった。1人はソフトテニス部員で、この日は練習が休みだったため、3人で放課後の時間を楽しむ予定だった。

「キャー」という女性の悲鳴が…

 駐輪場から西口の広場に向かっていたところ、10メートルほど前に刃渡り20センチほどのナイフを両手に持った住所不定無職の高橋清容疑者(69)が歩いているのが見えた。容疑者は花壇のへりに腰かけていた80代の女性に近づき、右腕を上げ、女性の左脇腹あたりをナイフで切りつけた。
 「キャー」という女性の悲鳴…
https://www.asahi.com/articles/ASPCV7XDRPCVUGTB00P.html
この記事は会員記事です。残り534文字無料会員になると月5本までお読みいただけます。

特殊詐欺に使われたIP電話番号、利用停止の対象に 警察が要請開始(27日)朝日

「050」で始まるIP電話を悪用した特殊詐欺事件が相次ぎ、警察は詐欺に使われたIP電話の番号を使えなくするよう通信事業者に求める取り組みを26日から始めた。警察庁総務省が発表した。

 詐欺に使われた固定電話の番号については2019年から利用停止を求めており、今年1~6月に2170件が停止となった。携帯電話不正利用防止法で契約時の本人確認を義務付けるなど携帯電話への対策も進んでいるが、インターネット回線を使うIP電話への対応は遅れていた。
 警察庁によると、昨年1年間に特殊詐欺に使われた電話番号は、固定電話が7007件(61%)で携帯電話2446件(21%)、IP電話2077件(18%)と続いた。それが今年1~6月になると、固定電話の4228件(58%)に次いでIP電話が多く、1736件(24%)だった。
 IP電話を使う詐欺グループは、再販業者などから転売される電話番号を悪用している。6月までに詐欺で使われた番号を供給した再販業者など11社に対しては、新たな番号を一定期間購入できないようにする措置が取られた。警察庁幹部は今回の取り組みについて「特殊詐欺対策の一助となるよう関係事業者と協力していきたい」としている。
https://www.asahi.com/articles/ASPCV7JZ7PCVUTIL047.html

巡回連絡先でわいせつ行為か 駐在所の巡査長を書類送検(27日)TBS

千葉県警・成田警察署の男性巡査長が、個人宅を訪問する「巡回連絡」に出た際、女性にわいせつ行為を行ったなどとして書類送検されました。
 強制性交と強制わいせつの疑いで書類送検されたのは、千葉県警・成田警察署管内の駐在所に勤務する37歳の男性巡査長です。巡査長は去年7月、担当地区の個人宅を訪問する「巡回連絡」として、女性の自宅に赴いた際に、わいせつな行為を行ったほか、翌月には公休日にも同じ女性の自宅を訪れ、性的暴行を加えた疑いがもたれています。
 千葉県警によりますと、巡査長はおととし、別の事案で出動した際に、この女性と知り合い、その後、連絡を取り合っていたということで、今年4月に女性から県警本部に相談のメールが寄せられたことから発覚しました。千葉県警は巡査長について「逃走や証拠隠滅の恐れがない」として、逮捕はせず認否は明らかにしていませんが、巡査長は、職務中に不適切な行為をしたことは認めたうえで、「LINEで連絡を取り合ううちに男女の関係になれると思った」などと話しているということです。
 巡査長は26日付で依願退職していて、千葉県警の川口首席監察官は「警察の信頼を損ねる行為で、断じて許されるものではなく、県民の皆様に深くお詫び申し上げます」などとコメントしています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4414103.html

新たな変異ウイルスで水際対策強化 政府 最悪事態想定し対応へ(27日)NHK 新たな変異ウイルスで水際対策強化 政府 最悪事態想定し対応へ

政府は、新型コロナの新たな変異ウイルスが確認された南アフリカなど6か国を対象に、27日から水際対策を強化しました。ほかの国でも急速な感染の再拡大が続いていることから、最悪の事態を想定しながら、さらなる措置も含め、柔軟に対応を検討していく方針です。
南アフリカで、新型コロナウイルスのワクチンの効果を低下させる可能性がある新たな変異ウイルスが確認されたことを受けて、各国では、渡航制限の動きが広がっています。
 日本政府も南アフリカと周辺のエスワティニ、ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、レソトの、合わせて6か国を対象に、水際対策を強化し、27日午前0時から、入国後10日間、国が指定する宿泊施設にとどめる「停留」の措置を始めました。松野官房長官は「新たな変異株の感染が拡大するなど、状況が悪化する場合には機動的に対処していく」と述べていて、政府は、アフリカ以外にもヨーロッパや韓国などで急速な感染の再拡大が続いていることから最悪の事態を想定しながら、さらなる措置も含め、柔軟に対応を検討していく方針です。
一方国内では感染状況が落ち着く中、経済回復への取り組みも急務となっていて、世界的な感染の広がりしだいでは難しい対応を迫られることも予想されます。

全国の特に危険な通学路 約1900か所で安全対策へ 警察庁(27日)NHK

ことし6月、千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込み児童5人が死傷した事故を受けて、警察庁は全国の特に危険な通学路およそ1900か所について、信号機や横断歩道を設置するなど安全対策を進めることにしています。

ことし6月、千葉県八街市で下校途中の小学生の列に飲酒運転のトラックが突っ込み、2人が亡くなるなど5人が死傷しました。
事故を受けて警察庁などが全国の通学路について点検を行ったところ、押しボタン式の信号機の新たな設置や、すでにある信号機の改修、それに標識の整備など、対策が必要な場所が1万か所以上確認されたということです。
警察庁は、このうちおよそ1900か所について早急に対応が必要だとして、今年度の補正予算に6億円を計上することになりました。
このうち長野県佐久市の高校が近くにある交差点では、今の信号機を、歩行者が青信号で渡っている時に右折や左折の車が横切らないタイプのものに変更することにしています。
警察庁は「地域の実情に対応した効果的な対策を検討し、可能なところから速やかに実施したい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211126/k10013363401000.html

外国人入国申請サイトで不具合 パスポート情報閲覧可能に(27日)時事

政府は26日、外国人ビジネス関係者らの入国申請などを受け付ける専用のウェブサイトで、申請者がアップロードしたパスポート画像などの個人情報を他の申請者が閲覧できる不具合が見つかったと発表した。25日午前にサイトの運用を始めたばかりだったが、同日夕に利用を停止。プログラムを修正し、26日朝に受け付けを再開した。デジタル庁、改革の手本に 新しい働き方も主導―牧島担当相・新閣僚インタビュー

 サイト開設は新型コロナウイルスに関する水際対策の緩和の一環。政府によると、34人分のパスポート画像や入国後の活動計画書、在留資格認定証明書が他の申請者から一時閲覧できる状態にあった。
 牧島かれんデジタル相は記者会見で「あってはならない不具合であり、おわびしたい」と陳謝。内閣官房などは「再びこのような事態を発生させないよう一層の管理体制強化に努める」とのコメントを出した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112601142&g=soc

西山ファーム元幹部を再逮捕 愛知県警、新たに勧誘役も(27日)共同

岡山県赤磐市の観光農園経営会社「西山ファーム」を巡る投資詐欺事件で、愛知県警は26日、津市の夫婦から計約1224万円をだまし取ったとして詐欺の疑いで、同社元幹部伊藤弘敏容疑者(37)を再逮捕し、新たに勧誘役の大阪市北区、飲食店員岩田実希子容疑者(31)を逮捕した。伊藤容疑者の逮捕は3度目。
 関係者によると、伊藤容疑者は「配当できなくなると思っていなかった」と犯意を否認している。
 一方、名古屋地検は26日、詐欺容疑で2度逮捕された勧誘役の男4人を出資法違反(預かり金禁止)罪で起訴した。
https://nordot.app/836909621046755328?c=39546741839462401

 

ふるさと納税巡り収賄疑い 佐賀・大町町長を書類送検(27日)共同

ふるさと納税事業の契約事業者に便宜を図った見返りに約100万円を受け取ったとして、佐賀県警は26日、収賄容疑で同県大町町の水川一哉町長(64)=同町福母=を、贈賄容疑で事業者の知人女性(69)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。
 県警はこれまでに町役場や町長宅を家宅捜索し、水川町長らから事情を聴くなどして捜査を進めていた。
 関係者によると、女性が代表を務める事業者は町内の住民数人で構成。返礼品に地場産品ではなく、宮崎県産のマンゴーや熊本県産のスイカなどを扱っていた。今年4月ごろに契約を解除されたという。
https://nordot.app/836980211919650816?c=39546741839462401

« 2021年11月26日 (金) | トップページ | 2021年11月28日 (日) »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ