カテゴリー

« 2021年11月21日 (日) | トップページ | 2021年11月23日 (火) »

2021年11月22日 (月)

2021年11月22日 (月)

年末交通取り締まり強化へ 警視庁が出動式(22日)TBS

交通事故が多発する傾向にある年末を前に、警視庁は22日、明治神宮外苑(東京都新宿区)で、取り締まりにあたる交通機動隊員らの出動式を行った。
出動式には、隊員ら約70人が参加した。早川智之交通部長が「年末にかけて多忙になる夕方の時間帯における重大事故の増加が懸念される。悪質・危険な運転を看過せず、都民に安心を与えてほしい」と訓示。パトカーや白バイが次々と出動した。
警視庁によると、都内の今年の交通事故による死者は109人(21日現在)で前年に比べて20人減少している。ただ、昨年は155人と53年ぶりに全国で最も多くなった。
このため、来年は《たくさんの 笑顔が走 首都東京》という新たなスローガンを掲げ、啓発活動に力を入れる。年末に向けても、速度超過などの取り締まりを強化するという。
https://www.sankei.com/article/20211122-R6D67JDFYFNUTNS74SKOYOCUFY/


警視庁と東武鉄道が電車内で“刃物男”の制圧訓練(22日)TBS

京王線の車内で乗客が切りつけられた事件を受け、警視庁と東武鉄道が刃物を持った男を制圧する訓練を行いました。
 22日、東京・板橋区にある東武東上線の車両基地で行われた訓練には、警察官や駅員などおよそ130人が参加しました。訓練は走行中の電車内で刃物を持った男が暴れ出し、緊急停車したという想定で行われ、警察官がさすまたや盾で男を取り押さえました。
 警視庁は「電車内で刃物を持った人を見たら、すぐに避難し110番通報をしてほしい」と呼びかけました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4410756.html

中国、滑空中にミサイル発射か 極超音速で世界初(22日)共同

【ワシントン共同】英紙フィナンシャル・タイムズは21日、中国が7月に実験した極超音速兵器が、音速の5倍以上の速さで南シナ海上空を滑空中にミサイルを発射していたと報じた。これまでどの国も実現していない世界初の先端技術とみられ、中国の進展ぶりに米国防総省は衝撃を受けている。複数の関係者の話として伝えた。
 極超音速兵器から発射されたミサイルは海に落ちたとしている。米国防総省の専門家らは、同兵器を迎撃するミサイル防衛(MD)システムを破壊するために開発している可能性があると指摘。「中国の極超音速兵器開発が米国やロシアよりも進んでいることを示す」との声も上がる。

https://nordot.app/835421368309186560?c=39546741839462401

木下都議が辞職 無免許運転「猛省」(22日)時事

車の無免許運転を計7回繰り返したとして、道交法違反で在宅起訴された木下富美子東京都議は22日、議長に辞表を提出し、許可された。これに先立ち、木下氏は都庁で記者会見を開き、「多くの方々から厳しい意見をいただいた。交通法規に対する順法精神が弛緩(しかん)していたことについては本当に申し訳なく、猛省している」と謝罪した。

木下都議を在宅起訴 無免許運転で、当て逃げは不起訴

 木下氏は7月の都議選期間中、無免許運転で事故を起こし、都議会はこれまで2度、全会一致で辞職勧告を決議した。木下氏は今月9日に登庁し、議長に辞職しない意向を表明。18日、議会運営委員会での質疑に呼び出されたが、体調悪化を理由に欠席した。
 木下氏は会見で、進退について支援者や「政治の師」と仰ぐ小池百合子知事に相談したと説明。小池氏から「いったん退いて、事故の解決に専念したらどうか。人生が終わるわけではなく、今回の不祥事を反省し、再出発するときには相談に乗る」と促されたのを受け、22日都庁内で小池氏に辞意を伝えたという。
 木下氏は事故をすぐ公表しておらず、会見で「選挙活動のことで頭がいっぱいになっていた。隠す意図は全くなかった」と釈明。欠席中の議員報酬約190万円は、女性や子どもの支援団体に寄付したという。
 他の都議が反発し、自身が所属する委員会が開かれなかった状況については「議員として十分に仕事をさせてもらえない、理不尽な現実に悩んだ」と不満も表明した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021112200867&g=soc

兵庫・川西市役所に盗聴器 建造物侵入事件として捜査(22日)共同

 兵庫県川西市は22日、市役所4階の総務部にあるコンセント内から盗聴器1個が見つかったと発表した。個人情報の漏えいなどの問題は確認されていないが、川西署が建造物侵入事件として調べている。
 市によると、10月にテレビ番組の制作会社と調査会社が車で違法電波の走行調査をしていたところ、市役所から電波を傍受。「調査して機器を捜す模様を番組で使いたい」と申し出があったため、庁舎内を確認したところ盗聴器が発見された。調査会社の報告では、盗聴器はインターネット通販や専門店で販売されているもので、劣化具合などから最長で1年前から設置されていた可能性があるという。
https://nordot.app/835477683405733888?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
天網恢恢疎にしてもらさず
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20211122202801 Img_20211121_120210  重要犯罪のなかで強制性交が増加しいると書いたが、強制わいせつも増加傾向を見せている。そんな状況から厚労省は、わいせつ行為を理由に都道府県から登録を取り消された保育士が、現行では刑の終了から2年が経過すれば再登録できるが、新制度では10年に延長する事が検討されている。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年10月現在の強制わいせつの認知件数は3575件で、前年同期よ99件の増加。重要犯罪の中で認知件数は最も多い。検挙人員は2280人で同71人の増加だ。
 認知件数のランキングは東京の478件、大阪の439件、埼玉の283件、神奈川の248件、兵庫の230件と続き。
 一方、検挙率は前年り0.6ポイントダウンして86.8㌫だった。ランキングは京都の122.6㌫、島根の120.0㌫、山形の110㌫、愛媛の109.5㌫、高知の107.1㌫と続いている。
 これに対して低かったのは滋賀の55.0㌫、福島の58.3㌫、長崎の61.9㌫、三重の64.9㌫、青森の65.8㌫など。
 認知件数が最多の東京は95.8㌫、大阪は76.3㌫だった。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】 (警察察庁標語)

(う)まい話を信用しない
(そ)そうだんする
(つ)られて返事しない
すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

「出し子」写真公開で出頭 詐欺疑いで男逮捕、神奈川(23日)共同
https://nordot.app/835507386206404608?c=39546741839462401

「受け子」応募した100人超の顔写真、容疑者のスマホに 中高生も(21日)朝日
https://www.asahi.com/articles/ASPCN6TW2PCKPLZB00D.html

★コロナに乗じた「非対面型」の特殊詐欺増加 外国人の受け子も(13日)産経
★メール「利用料支払い…」横浜の高齢者、1千万円詐欺被害(11日)共同
★暗号資産詐取容疑で再逮捕 会社代表ら、20億円被害か―大阪府警(8日)時事
★都内70代女性から2000万円詐欺の疑い 37歳女を逮捕
★時短協力金めぐり架空請求 飲食店ターゲットに相次ぐ(5日)産経
★自傷行為に走った詐欺犯、埼玉県警に「女性だました」と電話…警官が自宅へ急行し病院に搬送 退院後に逮捕(4日)共同
★不審だな…駅で2つのタブレットを見ていた女逮捕 警官が職質し、女がカードを盗んだ事件が発覚したため(3日)共同
★三井住友信託元行員を逮捕 詐欺容疑、被害7億円超か(2日)

 

高級腕時計 約20点盗まれる 防犯カメラに犯行の様子 大阪(22日)NHK

22日朝、大阪 ミナミの繁華街の一角にあるブランド品販売店で、店内のショーケースが壊されて、およそ20点の高級腕時計が盗まれているのが見つかりました。店内の防犯カメラには、頭にライトをつけた人物がショーケースをたたき割ったあと、商品を素早くかばんに入れて逃げていく様子が写っていました。
22日午前6時半ごろ、大阪 中央区心斎橋筋のブランド品販売店「宝美堂2号店」で、警備装置が異常を感知したと警備会社から警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、店のシャッターを開ける装置の一部が焼かれて壊されていたほか、店内のショーケースが割られ、およそ20点の高級腕時計がなくなっていたということです。
被害額は少なくともおよそ1500万円相当にのぼるということです。
防犯カメラには頭にライトをつけた人物が暗い店内に走って入ってきて、ショーケースをたたき割ったあと、商品を素早くかばんに入れて逃げていく様子が写っていました。
現場は大阪 ミナミの繁華街の一角にある店舗で、警察によりますと、今月中旬には近くにある別のブランド品販売店でも、被害額がおよそ1300万円相当にのぼる同様の窃盗事件が起きているということです。
警察は閉店後の店に何者かが侵入して盗んだとみて捜査しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211122/k10013357381000.html

大阪の邸宅侵入、日時異なり時効 地検が起訴取り消し(22日)共同

大阪地検は22日、昨年10月16日付で邸宅侵入罪で在宅起訴していた被告の起訴を取り消したと発表した。取り消しの理由について「公判請求後に改めて関係各証拠を精査した結果、侵入日時が異なることが判明し、既に時効が完成していたため」としている。
 地検によると、2017年11月12日午後11時半ごろ、正当な理由がないのに大阪市内のマンションの共用部分に侵入したとして起訴されていた。

 大阪地検では13年にも、ガソリンスタンドで起きた窃盗事件を巡り「犯人でないことが判明した」として地検堺支部が男性の起訴を取り消した。
https://nordot.app/835409648140156928?c=39546741839462401

火災現場から可燃性の液体、兵庫  2人死亡、伯父の行方捜査(22日)共同

兵庫県稲美町で住宅が全焼し小学生兄弟とみられる2人の遺体が見つかった火災で、現場から可燃性の液体が検出されたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、現住建造物等放火容疑で現場検証し、詳しい出火原因を調べている。同居していた50代の伯父と連絡が取れておらず、県警は何らかの事情を知っているとみて行方を捜査している。
 火災は19日深夜に発生し、木造2階建てが全焼。小学校高学年の兄と低学年の弟とみられる2遺体はいずれも1階部分から見つかった。

 小学生兄弟と両親、兄弟の伯父の5人暮らし。両親は母親を父親が迎えに行っていたといい、いずれも無事だった。
https://nordot.app/835315869649207296?c=39546741839462401

帰宅困難者の施設、自治体9割で夜開設に壁 三大都市圏(22)

災害時に帰宅困難者を受け入れる「一時滞在施設」を夜間・休日に開設できない恐れのある自治体が、東京、大阪、名古屋の三大都市圏の主要29市区の9割に上ることが日本経済新聞の調査で分かった。10月に首都圏を襲った最大震度5強の地震は夜間に発生し、主要駅周辺などに人があふれた。東日本大震災以降、受け入れ体制の整備が求められてきたが、国や自治体の対応の遅れが浮き彫りになった形だ。

一時滞在施設には、地震発生...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE0499G0U1A101C2000000/

兵庫2人死亡火災 「人為的に火付けた形跡」と県警(22日)

兵庫県稲美町で19日深夜に民家が全焼し、焼け跡から子供とみられる2人の遺体が見つかった火災で、県警捜査1課は21日深夜に会見し、「人為的に火を付けた形跡があった」と明らかにした。遺体は小学生の兄弟の可能性があり、県警は所在不明の兄弟の50代の伯父が何らかの事情を知っているとみて行方を捜している。
県警は21日、現住建造物等放火容疑で、県警加古川署に捜査本部を設置した。22日に遺体を司法解剖して詳しい死因や身元の確認を進める。

県警によると、この家は5人暮らしで、50代の父親0代の母親、小学校高学年と低学年の兄弟、母親の兄である伯父が住んでいた。両親は出火当時、不在で無事だった。仕事を終えた母親を父親が迎えに行っていたという。兄弟と伯父とは連絡が取れていない。

https://www.sankei.com/article/20211122-YAKAEFJIN5JPTDU4BPLZN6CERI/

全国知事会がコロナ対策、ワクチン3回目接種の基準は国が明示を(22日)TBS

 全国知事会は政府の新型コロナ対策への緊急提言をまとめ、3回目のワクチン接種時期について自治体が判断する基準を国に明示するよう求めました。
 政府はワクチンの3回目の接種時期を原則2回目から8か月あけることとしていますが、例外的に自治体の判断で6か月後に早めることを認める方針を示しています。これについてきのう、全国知事会がまとめた提言では「6か月経過すると接種可能という誤った認識が国民に広がっている」として、国に対し、6か月は例外であることを強く発信することや、自治体が6か月での接種を判断する際の基準を明示するよう求めました。
 また提言では今後、5歳以上11歳未満の子どもにワクチンを接種することになった際には、国が効果と副反応を丁寧に発信することなどを要望しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4410190.html

2人死亡火災、放火と断定 行方不明の50代伯父を捜査(22日)時事

兵庫県稲美町で19日に住宅が全焼して2人の遺体が見つかった火災で、県警は21日深夜、現住建造物等放火の疑いで加古川署に捜査本部を設置したと明らかにした。遺体は体の大きさなどから住人の小学生兄弟とみられることが捜査関係者への取材で判明。同居する50代の伯父と連絡が取れておらず、捜査本部は何らかの事情を知っているとみて捜査する。
 県警捜査1課は21日の記者会見で「出火原因が人為的と判断した」と説明した。見つかった2遺体を22日に司法解剖し、外傷の有無を調べる。県警によると、火災は19日深夜に発生、木造2階建てが全焼し、約4時間半後に鎮火した。

https://nordot.app/835156574592761856?c=39546741839462401

道頓堀飛び込みか1人死亡 大阪・ミナミ(22日)共同

21日午後10時35分ごろ、大阪市中央区の繁華街・ミナミの道頓堀川で「人が2人溺れている」と119番があった。2人が救助されたが、うち1人が死亡した。直前に複数の若者が戎橋から川に飛び込んだとの目撃情報があり、大阪府警が詳しい状況を調べている。消防によると、2人は20代くらいの男性でもう1人は軽傷とみられる。
現場には消防車や警察車両が出動し、戎橋周辺には一時多くの人だかりができた。近くにいた男性会社員(47)は「川の中に男性2人がいた。若い女性が消防や警察に『この辺にいるはず』と川の方を指さして叫んでいた」と話した。

https://nordot.app/835184001777958912?c=39546741839462401

« 2021年11月21日 (日) | トップページ | 2021年11月23日 (火) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ