平成13年2月に広島県福山市の住宅で、主婦の大石朝美さん=当時(35)=が殺害された事件で、広島県警は25日、殺人容疑で、福山市の無職、竹森幸三容疑者(67)を逮捕した。県警によると「記憶にない」と容疑を否認。今月に入って、現場に残された証拠から竹森容疑者が捜査線上に浮かんだという。
事件は13年2月6日に発生。午後0時45分ごろ、大石さん方の警備システムが作動し、警備会社が110番した。駆け付けた福山西署員が2階への階段中央付近で、果物ナイフで左脇腹を刺され、座った状態で死亡している大石さんを発見。同署に捜査本部を設置し、殺人事件として捜査していた。
県警によると、遺族は竹森容疑者と面識がないと話している。県警はこれまでに延べ18万人を捜査に投入。市民などからの情報提供は162件寄せられた。
https://www.sankei.com/article/20211025-TBU4EVLKLBPDXCHJYI4ZWT3OH4/