横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で平成28年、入院患者3人の点滴に消毒液を混入し中毒死させたとして、殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の裁判員裁判の公判が22日、横浜地裁(家令=かれい=和典裁判長)で開かれた。検察側は論告で「完全責任能力があったことは明らか」として死刑を求刑し、弁護側は無期懲役を求めて結審。判決は11月9日に言い渡される。
検察側は論告で「なすすべのない被害者を、苦痛とともに絶命に至らせた」などと犯行の残虐性を指摘。「(患者の)家族への対応をしなくてすむよう、自分の勤務時間外に死亡するようにした」との犯行動機について「社会的弱者である患者を守るべき立場にありながら、専ら自己の都合のみを考えた。酌量の余地はない」などと非難した。
一方、弁護側は最終弁論で、被告は犯行当時、心神耗弱状態だったと改めて主張。「無期懲役に処すのが相当」と訴えた。
この日は論告に先立ち、被害者参加制度に基づいて3人の被害者遺族の意見陳述も行われた。
2人目の被害者とされる西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の長女は「私が大口病院に(父を)入院させたばかりに事件に巻き込まれてしまった」
続きを読む
https://www.sankei.com/article/20211022-CYZ5QE6LRFIGBCIFQC2WIAM5NE/