カテゴリー

« “市長のパワハラ行為”管理職対象に調査 神奈川 大和市議会(3日)NHK | トップページ | 新型コロナとネット転売 消えた「ダフ屋」(3日)産経 »

2021年10月 3日 (日)

「生きるため大麻が必要」オランダ移住まで… 若者が陥った依存の闇(3日)朝日

一瞬でも、つらい気持ちを紛らわしたい。その一心だった。
 シロさん(26)は16歳のとき、大麻を常用するようになった。友達と最初に吸ったときは、薬物中毒で「負け組」にならないよう、ほどほどにするつもりだったが、コントロールできず、給食代で大麻を買い、パンを万引きするようになってしまった。
 シロさんは長崎で生まれ、すぐに家族の仕事の都合でアメリカへ引っ越した。
 周りに日本人はほとんどいない。勉強が苦手で、学校の授業についていけず、ちょっかいをかけられることもたびたびあった。
 親からは「勉強しなさい」と言われたが、どうすれば良いか分からず、自分の居場所がなくなったような気がした。
 当時住んでいた地域では、コンビニなどで「合法ハーブ」が売られていた。
 大麻は違法だが、友達が常用しているといううわさも聞いていた。
 「使えば楽しい気分になれる」。そんなイメージがあった。

2カ月に1回だけのつもりが

 「おれも使ってみたいんだけど」
 勇気を出して、友達に打ち明けると、「みんなやっているよ」。
 放課後、学校の近くの林で友だちと一緒に吸った。
続きを見る
https://www.asahi.com/articles/ASP9Y3CCVP9YOIPE001.html

« “市長のパワハラ行為”管理職対象に調査 神奈川 大和市議会(3日)NHK | トップページ | 新型コロナとネット転売 消えた「ダフ屋」(3日)産経 »

薬物事犯(覚せい剤、大麻等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« “市長のパワハラ行為”管理職対象に調査 神奈川 大和市議会(3日)NHK | トップページ | 新型コロナとネット転売 消えた「ダフ屋」(3日)産経 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ