岸田文雄首相は19日午前、訪問先の福島市内で記者団に「北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射した」と述べた。被害については「まだ確認はされていないし、引き続き情報収集、分析には努めなければならない」と述べた。
また、首相は「先月から北朝鮮が連続してミサイルを発射していることを大変遺憾に思う」と述べた。北朝鮮側の意図に関しては「私の立場から予断するのは控えたい」と述べるにとどめた。
首相はこれに先立ち、政府関係者に指示を行ったとも説明した。具体的には「1つは情報収集・分析、国民への提供をしっかりと行うこと。2点目として、付近の航空機、艦船の安全をしっかり確認すること。さらには不測の事態に備えて万全の態勢を取るということ。この3点について指示を出した」と述べた。
https://www.sankei.com/article/20211019-YD7DO7BVABJKVEUXJWL3U6EE3M/