カテゴリー

« ダイヤ裸石、12億円架空仕入れか 国税指摘、業者は不服申し立て(31日)朝日 | トップページ | 路上生活者らへ集団接種 東京・豊島区の保健所(31日)日経 »

2021年10月31日 (日)

ケフィア不正集金事件、元代表が詐取認める 地裁初公判(31日)産経

通信販売会社「ケフィア事業振興会」が、加工食品のオーナー制度などの名目で多額の資金を不正に集めて破産した事件で、詐欺と出資法違反の罪に問われた元代表、鏑木秀弥被告(85)は29日、東京地裁(佐伯恒治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。
ケフィアは果物ジュースや干し芋などの加工食品事業でオーナー制度を展開し、全国の高齢者ら延べ約4万4千人から計約2100億円を集めたとされる。
検察側の冒頭陳述によると、オーナー制度は商品を客に買い取らせ、ケフィアが代わりに第三者に販売し、客の買い取り額に5~10%の利息を上乗せする仕組み。
2012年ごろに始めたが、ケフィア側の商品仕入れ、第三者への販売実績はなく、17年ごろから客への未払い金が発生した。それでも社員への高額な給料支払いは継続。18年9月に東京地裁に破産を申し立てる前には、総債務額が1千億円を超えた。
事件を巡り、鏑木被告を含む同社幹部ら9人が起訴され、一部の有罪が確定した。

起訴状によると、幹部らと共謀し、17年4月~18年6月、延べ29人から違法に計約1億8千万円を預かったほか、同5~8月、資金繰りが破綻状態に陥っていたのに出資金の元本や利息を支払うと装い、22人から計約8300万円を詐取。同6~8月にも、4人から約520万円をだまし取ったとしている。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE298W90Z21C21A0000000/

« ダイヤ裸石、12億円架空仕入れか 国税指摘、業者は不服申し立て(31日)朝日 | トップページ | 路上生活者らへ集団接種 東京・豊島区の保健所(31日)日経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイヤ裸石、12億円架空仕入れか 国税指摘、業者は不服申し立て(31日)朝日 | トップページ | 路上生活者らへ集団接種 東京・豊島区の保健所(31日)日経 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ