16日午後2時20分ごろ、大阪府貝塚市石才の水間鉄道近義(こぎ)の里-石才(いしざい)間の踏切で、貝塚発水間観音行き普通電車(2両編成)に高齢男性がはねられ、現場で死亡が確認された。乗客にけがはなかった。
大阪府警貝塚署によると、男性が遮断機をくぐって踏切内で寝転ぶ姿を通行人の女性が目撃。同署は自殺の可能性が高いとみて調べている。
水間鉄道によると、この事故で上下線6本が運休、一時運転を見合わせた。
https://www.sankei.com/article/20211016-NSDRXMBF4RINBN6KTFQX3HZ5SQ/