令和元年の参院選広島選挙区をめぐる買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の元衆院議員、河井克行被告(58)が21日、東京高裁への控訴を取り下げた。懲役3年、追徴金130万円とした一審東京地裁判決が確定する。
今年6月の1審判決は、元法相が妻、案里氏(48)=有罪確定=の当選を目指し、地元議員ら100人に計約2870万円を配ったと認定。「極めて大規模な買収といえ、民主主義の根幹である選挙の公正を著しく害する悪質な犯行」と指摘した。
元法相は昨年8月の初公判で無罪を主張したが、今年3月の被告人質問で一転して大半の買収を認めた。議員辞職し、執行猶予を求めたが、1審判決は実刑が相当と結論付けた。元法相は「到底承服できない」として即日控訴していた。
https://www.sankei.com/article/20211021-YUGA44UVHJKFTGCI4UFMUMDJBU/