カテゴリー

« 技能実習先から逃亡のカンボジア人を不法就労疑い 社長ら5人逮捕(2日)TBS | トップページ | <独自>「イライラして火を付けた」容疑の大工逮捕 大阪府警(2日)産経 »

2021年10月 2日 (土)

婚活アプリの詐欺師 嘘バレても「本気だった」(2日)産経

一生を共にする伴侶を真剣かつ効率的に見つけたい-。新型コロナウイルス禍で対面での出会いの機会が減る中、利用者が急増しているのが婚活アプリだ。幸せをつかむ有効手段になり得る一方、サイバー空間には純粋な人の思いを食い物にする悪いやからも潜む。大阪で会社勤めをしている30代女性は、素性を噓で塗り固めた男と1年ほど交際し、約350万円をだまし取られた。「絶対に許せない」。男に心を預けてしまったことを悔やみ、怒りをぶちまけた。

高収入で高学歴

「結婚したら大きな犬を飼いたい」「車はお互い1台ずつがいいですね。
30代の本村真里さん(仮名)は令和元年夏、将来の家庭生活を思い、ある婚活アプリに登録。男性会員のプロフィルを眺めていたところ、一人の男の自己紹介が目に留まった。
「具体的な結婚観を持っている人なのかな」。ネットを通じた出会いに多少の怖さやためらいもあったが、思い切ってメッセージを送った。相手は、川上裕太郎(仮名)と名乗る26歳の男。東京の有名私大卒のITプログラマーで、年収は800万~1千万円としていた。
婚活アプリには女性が無料のものもあるが、真里さんが利用したのは相場よりもやや高い月額利用料約5千円のアプリ。「結婚に真剣な人が多くいるだろう」と考えてのことだ。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20211002-TJJRSWYFEZPR7JVHHAW42P5LFY/

« 技能実習先から逃亡のカンボジア人を不法就労疑い 社長ら5人逮捕(2日)TBS | トップページ | <独自>「イライラして火を付けた」容疑の大工逮捕 大阪府警(2日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 技能実習先から逃亡のカンボジア人を不法就労疑い 社長ら5人逮捕(2日)TBS | トップページ | <独自>「イライラして火を付けた」容疑の大工逮捕 大阪府警(2日)産経 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ