茨城県警は27日、自宅敷地内で産んだ女児の遺体をポリ袋に入れ放置したとして、死体遺棄容疑で、県立高校3年の女子生徒(18)を逮捕した。県警によると、「トイレで産んだ」と供述。死因は首を圧迫したことによる窒息の可能性があり、殺人の可能性も視野に、動機なども含め捜査する。
逮捕容疑は8月16日午後6時10分ごろ、女児の遺体を袋に入れ遺棄したとしている。
女子生徒の父親が同22日、県内の警察署を訪れ、「トイレの脇で袋に入った赤ちゃんを見つけた」と届け出た。女子生徒は、産婦人科を受診していなかったと説明している。
https://www.sankei.com/article/20210927-YTBCQ2LRCVPKTNY5LSILGAG2NA/