カテゴリー

« 大阪・門真で倉庫火災 10時間超1500平方メートル焼け鎮圧(4日)朝日 | トップページ | 無免許人身事故の木下都議 当選2カ月、議員報酬など264万円支給 「体調不良」で姿見せず(4日)共同 »

2021年9月 4日 (土)

県内の珍標識が姿消す  県警「県外ドライバーが混乱する恐れ」(4日)共同

全国的に珍しいとされる「指定方向外進行禁止」に「車両進入禁止」のマークが入った交通標識が今夏、徳島県内から姿を消した。徳島新聞メディア編集部が8月中旬から珍しい交通標識の取材を進めていたところ、対応した徳島県警が「県外のドライバーが混乱する恐れがある」として同20日、「車両進入禁止」の表示をテープで覆うなど標識に修正を加えた。
 標識は「指定方向外進行禁止」の本標識内に「車両進入禁止」のマークが加えられたもの。交差点が入り組んだ徳島市両国橋と同市城南町2、小松島市江田町中道の計3カ所にそれぞれ2~4基の計9基が設置されていた。現在は「車両進入禁止」のマークや時間の記載を同系色のテープを貼って見えないようにしている。マークは無くなったが、そもそもマークに向かう矢印はないため、従来の交通規制に変わりはないという。
 標識を修正した理由について、県警交通規制課は「取材をきっかけに標識について改めて協議し、県外から訪れたドライバーが見慣れない標識に混乱する恐れがあると考えたために修正した。法的に問題があったわけではない」と説明。設置の経緯については「詳しいことはわからないが、古いもので10年を超える。交差点が複雑に入り組んでおり、ドライバーに標識を分かりやすく伝えるため、にこのデザインにしたのではないか」と推測した。
 これまでに1700種以上の「指定方向外進行禁止」の標識を写真に収めてきた松江市の大学生山﨑賀功さん(19)は「以前は他県に同様の標識が設置されていたが、こちらは既に撤去されている。恒常的にあったのは徳島県のみではないか」と話した。
 標識の修正に伴ってドライバーが混乱する可能性について、同課は「ドライバーは標識の知識を十分に理解しており、問題は起きないと考えている」とした。
https://www.topics.or.jp/articles/-/585300

« 大阪・門真で倉庫火災 10時間超1500平方メートル焼け鎮圧(4日)朝日 | トップページ | 無免許人身事故の木下都議 当選2カ月、議員報酬など264万円支給 「体調不良」で姿見せず(4日)共同 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪・門真で倉庫火災 10時間超1500平方メートル焼け鎮圧(4日)朝日 | トップページ | 無免許人身事故の木下都議 当選2カ月、議員報酬など264万円支給 「体調不良」で姿見せず(4日)共同 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ