大阪府摂津市のマンションで8月、新村桜利斗(にいむらおりと)ちゃん=当時(3)=が熱湯をかけられ死亡した事件で、桜利斗ちゃんの保育にからみ、市が90回以上にわたり母親と面談していたことが28日、市などへの取材で分かった。頻繁な面談にもかかわらず、市は母子が母親の交際相手の松原拓海(たくみ)容疑者(24)=殺人容疑で逮捕=と同居していたことを把握していなかった。松原容疑者の逮捕から29日で1週間。市や府は当時の対応に問題がなかったか検証する方針だ。
市によると、母子が大阪府泉南市から摂津市へ転入した平成30年10月以降、母親が若く出産したことなどから、養育支援など継続的な見守りが必要な家庭として月に数回面談。自宅や市役所などでの面談はこれまで91回に上り、母子の健康状況などを確認した。
松原容疑者が母子と同居を始めた今年5月以降、複数の知人から「桜利斗が殺される」などと相談が相次いだ。市は同月、母子への面談で桜利斗ちゃんに目立った傷がないことを確認。さらに松原容疑者と面談して虐待をやめるよう警告し、「もう手を出さない」と約束させた。だが、松原容疑者との面談はこの一度きりで、市や児童相談所は松原容疑者が母子と同居していた実態までは把握していなかった。
一方、市は母親が第三者からの暴力を防げていないなどとして、「ネグレクト(育児放棄)」と判定していた。ただ、桜利斗ちゃんの体に傷がないことなどから「緊急性は低い」として、引き続き市を中心として母子を見守ることにした。市が桜利斗ちゃんと最後に会ったのは事件の約2カ月前で、一度も個別面談は実施しなかった。
続きを見る
https://www.sankei.com/article/20210928-AIZT3EOIHRNBDF5ZGUDM4MOCAM/