米国防総省の医師をかたる人物と結婚の約束をした50代女性から現金700万円をだまし取ったとして、京都府警下京署は24日、詐欺の疑いで、兵庫県西宮市の自営業、田中洋子容疑者(62)を逮捕した。「(現金は)人に頼まれて受け取っただけ」と供述している。
同署によると、被害を受けた女性は、8月にSNS(会員制交流サイト)上で米国防総省の医師をかたる人物と知り合い、結婚を約束した。女性はこの人物から「国防総省を辞めるときに受け取る金を日本に送るには、専門業者に頼む必要がある」として700万円を要求され、業者を名乗る田中容疑者に現金を手渡したという。
逮捕容疑は、共謀し9月14日、SNSで知り合った京都市東山区の女性会社員(51)から、市内の路上で700万円を受け取りだまし取ったとしている。
https://www.sankei.com/article/20210924-H53JB57ICFNRNJ3CSW6M5BAGT4/