横浜市戸塚区のアパートで飼育ケージから一時逃げ出した特定動物のアミメニシキヘビを巡り、横浜簡裁は16日までに、市に無許可でケージを変更したとして動物愛護法違反罪で略式起訴された元飼い主の男性会社員(25)=同市港南区=に、罰金30万円の略式命令を出した。9日付。
ヘビは5月6日にケージから脱走。同22日、日本爬虫類両生類協会の理事長らが部屋の屋根裏にいるのを見つけ、捕獲した。
横浜区検は今月7日、市の許可を得ずにケージをスライド式の鍵が付いたガラス製から、簡易式の鍵を付けた木製に変更したとして、略式起訴していた。
https://www.sankei.com/article/20210916-YBG4IEY2OZKAJP6IRFS3FX33OM/