ロシア中部ペルミの国立大学で20日、発砲があり、連邦捜査委員会は8人が死亡したと発表した。保健省は、ほかに24人が負傷したとしている。発砲したのは学生とみられるが、詳しい身元などは不明。同委員会は殺人容疑で捜査している。
タス通信などによると、20日朝に大学構内で銃声がしたと警察に通報があった。男が突然、学生や教員に向けて発砲したという。事件の背景などは捜査中。
地元テレビは、大学の窓から中庭に飛び降りて逃げ出す学生らの映像を放映した。
ペルミはウラル山脈西側にある工業都市で、人口は約100万人。(共同)
https://www.sankei.com/article/20210920-TWKMPZRT6ZKG7AEIY5HQLJL6RA/