カテゴリー

« 15歳少女とみだらな行為、容疑で中学教諭を逮捕(29日)産経 | トップページ | JR全ての河川橋を総点検 国交省、豪雨対策で約5千カ所(29日)共同 »

2021年9月29日 (水)

北朝鮮“極超音速ミサイルの発射実験きのう初めて実施”と発表(29日)産経

北朝鮮は、国防科学院が新たに開発した極超音速ミサイル「火星8型」の発射実験を28日初めて行ったと発表しました。これは、29日付けの北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」が伝えたもので、28日午前、北部のチャガン(慈江)道で、国防科学院が新たに開発した極超音速ミサイル「火星8型」の発射実験を初めて行ったと伝えました。

紙面には、ミサイル1発がオレンジ色の炎を吹き出しながら上昇していく様子を捉えた写真が掲載されていて、キム・ジョンウン(金正恩)総書記の側近のパク・チョンチョン党政治局常務委員が立ち会ったとしています。

発射実験では「火星8型」について「飛行の操縦性と安定性を確かめた」としたうえで「分離された滑空飛行の弾頭の誘導機動性や、滑空飛行の特性をはじめ、技術的な指標を確認した」ということです。
また「国家の自衛的防衛力をあらゆる方面で強化する上で大きな戦略的意義を持つ」として、実験の結果、すべての設計上の要求を満たしたとしています。
韓国軍は、北朝鮮が28日午前6時40分ごろ、チャガン(慈江)道から東に向けて短距離ミサイル1発を発射したことを明らかにしていて、北朝鮮の29日の発表はこの発射を指すとみられます。

極超音速兵器 その特徴は

防衛白書によりますと、「極超音速兵器」は、音速の5倍にあたるマッハ5以上の「極超音速」で飛行する兵器で、その速さだけではなく、長時間、低い軌道でコースを変えながら飛ぶ特徴があり、探知や迎撃がいっそう困難になるということです。
また、専門家などによりますと、極超音速兵器の開発はアメリカや中国、ロシアが行っていて、「極超音速滑空兵器」は、発射されたあと、加速せずに低い軌道でコースを変えながら標的に向かって滑空するということです。
このほか、極超音速で空気を取り入れながら加速することが可能な「極超音速巡航ミサイル」がありますが、より高い技術が必要だとしています。
北朝鮮は、ことし1月の朝鮮労働党大会で、極超音速兵器の開発に言及していて、関係国が警戒を強めていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210929/k10013281761000.html

« 15歳少女とみだらな行為、容疑で中学教諭を逮捕(29日)産経 | トップページ | JR全ての河川橋を総点検 国交省、豪雨対策で約5千カ所(29日)共同 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15歳少女とみだらな行為、容疑で中学教諭を逮捕(29日)産経 | トップページ | JR全ての河川橋を総点検 国交省、豪雨対策で約5千カ所(29日)共同 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ