カテゴリー

« 東京税関 偽ブランド品など輸入差し止め5年連続10万点超(11日)TBS | トップページ | 映像公開のコンビニ強盗 容疑で男を逮捕 警視庁(11日)産経 »

2021年9月11日 (土)

性犯罪見直し「暴行・脅迫」焦点 法制審、議論の行方は(11日)日経

刑法の性犯罪規定の見直しに向けた議論が始まる。上川陽子法相が10日、16日に法制審議会(法相の諮問機関)に諮問すると明らかにした。現行法の強制性交罪などが成立要件とする「暴行・脅迫」などの見直しが焦点となるが、慎重論も根強く、議論の行方は見通せない。
性犯罪の規定を巡っては、2017年7月施行の改正刑法で厳罰化された。被害者への配慮を重視し、被害者の告訴がなくても起訴が可能となったほか、強姦罪の名称を「強制性交罪」に変更。法定刑の下限を懲役3年から5年に引き上げるなどした。
ただ厳罰化の「不十分さ」を指摘する意見もあり、被害者団体などは強制性交罪などが成立要件とする「暴行・脅迫」の見直しを強く求めている。実際、暴行・脅迫がなくても、恐怖で声を出せずに被害に遭うケースもあるからだ。今後は、こうした要件の撤廃を巡る議論が大きな焦点となりそうだ。
公訴時効(強制性交罪は10年)の見直しも検討事項となる。性犯罪の被害者は精神的ショックが大きく申告に時間がかかる傾向がある。このため時効に阻まれて立件できないケースも多く、対応が求められてきた。性交に同意できる年齢の13歳からの引き上げや、地位や関係性を悪用した性行為の処罰も議論する。
続きを見る
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE102HR0Q1A910C2000000/

« 東京税関 偽ブランド品など輸入差し止め5年連続10万点超(11日)TBS | トップページ | 映像公開のコンビニ強盗 容疑で男を逮捕 警視庁(11日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京税関 偽ブランド品など輸入差し止め5年連続10万点超(11日)TBS | トップページ | 映像公開のコンビニ強盗 容疑で男を逮捕 警視庁(11日)産経 »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ