カテゴリー

« 医師不足の小さな町の集団接種 94歳が一肌脱ぐ あふれる自信「まだまだ現役」 新型コロナ・鹿児島(4日)共同 | トップページ | ワクチン接種、「11月初め」完了 河野担当相が見通し(4日)時事 »

2021年9月 4日 (土)

英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス」、横須賀に入港(4日)共同

英海軍の最新鋭空母「クイーン・エリザベス(QE)」が4日、在日米海軍横須賀基地(横須賀市)に入港した。米軍以外の空母が同基地に寄港するのは、アジア各国親善歴訪が目的だった1992年の英「インビンシブル」以来。
英国はインド太平洋地域への関与を拡大させ、QE空母打撃群は日本近海で他国との共同訓練を繰り返している。
 全長約280メートルのQEは午後2時半ごろ、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F35Bなどの艦載機を載せ、横須賀配備の米海軍原子力空母ロナルド・レーガンが通常入る同基地の12号バースに接岸した。
同基地を訪れたジュリア・ロングボトム駐日英大使は、「今回の空母打撃群の訪問は、共通の価値観、安全保障上の優先事項、強固な貿易関係を基盤としたこの貴重なパートナーシップに英国がさらに注力する姿勢を示すものだ」などと述べ、インド太平洋地域における英国のプレゼンスと日英関係の進化を強調した。
 QEは同基地に9日まで寄港するが、新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、乗員約1240人は寄港中も艦内にどどまる。(砂田 弘明)
https://www.kanaloco.jp/news/social/article-666796.html

« 医師不足の小さな町の集団接種 94歳が一肌脱ぐ あふれる自信「まだまだ現役」 新型コロナ・鹿児島(4日)共同 | トップページ | ワクチン接種、「11月初め」完了 河野担当相が見通し(4日)時事 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 医師不足の小さな町の集団接種 94歳が一肌脱ぐ あふれる自信「まだまだ現役」 新型コロナ・鹿児島(4日)共同 | トップページ | ワクチン接種、「11月初め」完了 河野担当相が見通し(4日)時事 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ