宮城県警は16日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った当時中学生の少女に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、仙台放送(仙台市)の報道制作局スポーツ部記者の若林晃平容疑者(24)=同市青葉区=を逮捕した。
県警によると「ホテルには行ったが性的な行為はしていない」と容疑を一部否認している。
逮捕容疑は2月14日午後4~5時ごろ、仙台市のホテルで当時15歳だった少女に現金を渡す約束をし、性的な行為をしたとしている。SNSに投稿していた少女に興味を持ち、ダイレクトメッセージで連絡したという。
仙台放送は「逮捕されたことは誠に遺憾で重く受け止めている。事実関係を確認し、適切に対処する」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/article/20210916-AUMCHMK72NNV3G7LBHZVS4OGII/