東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)が8月28日から行方不明になり、山梨県内の山中で遺体で発見された事件で、女子生徒の遺体に抵抗した際にできる防御創がなかったことが1日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁向島署捜査本部は、女子生徒が抵抗する間もなく殺害された可能性もあるとみて慎重に調べている。
捜査本部によると、遺体で見つかったのは、私立高3年の鷲野花夏(わしのかな)さん。山梨県早川町内の山林の物置小屋の中で壁に背中をつけ、座った状態で亡くなっていた。背中には4カ所刺し傷があり、首にもひものようなもので絞められた痕があった。小屋からはロープが見つかった。
捜査関係者によると、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市のいずれも職業不詳、小森章平容疑者(27)と妻の和美(いずみ)容疑者(28)は「小屋の中で殺した」と供述。遺体には目立った防御創が確認されないことなどから、夫婦が小屋の中で背後から女子生徒の首をロープで絞め、抵抗できない状態で刃物で背中を刺した可能性がある。
小森容疑者は女子生徒について「2年ほど前にツイッターで知り合った」と説明。定期的に連絡を取っていたことなどから、和美容疑者に「関係を疑われ、嫉妬された」という。2人は数カ月前に結婚したばかりだった。
女子生徒は28日午後3時半ごろ、母親に「友達に会いに行く。すぐ戻る」などと話して外出した後、行方が分からなくなった。2人と待ち合わせたとみられ、墨田区内の駐車場の防犯カメラに女子生徒が小森容疑者らの乗用車に自ら乗り込む様子が確認された。
https://www.sankei.com/article/20210901-DYDOPHCDB5KNPPUAB5S5XY77MI/