カテゴリー

« 2021年9月16日 (木) | トップページ | 2021年9月18日 (土) »

2021年9月17日 (金)

2021年9月17日 (金)

技能実習生2人刺し男逮捕 殺人未遂疑い 長野(17日)産経

長野県警は17日、同県川上村で先月、ベトナム人の技能実習生の男女2人を刺すなどし殺害しようとしたとして、殺人未遂と傷害の疑いでベトナム国籍の住所不定無職グエン・カック・ホアン容疑者(32)を逮捕した。
逮捕容疑は先月18日、川上村の住宅で、いずれもベトナム人技能実習生で農業に従事する男性(23)と女性(26)の上半身や手を刺したとしている。
県警によると、ホアン容疑者は2人と顔見知りで、事件当時は川上村で農業に従事していたとみられる。群馬県渋川市でホアン容疑者を発見、逮捕したという。
https://www.sankei.com/article/20210917-NO4LK4QRBNNAHMUWOWWEQA6CSA/

大阪府、17日の新規感染735人 5人死亡(17日)日経

大阪府は17日、新型コロナウイルスの新たな感染者を735人確認したと発表した。70~90代の男女5人の死亡が判明し、府内の累計死者数は2905人となった。16日間連続で前週の同じ曜日の感染発表数を下回り、減少傾向が続いている。

17日時点の重症者は前日から5人減の219人で、確保している重症病床(605床)に対する使用率は36.2%となった。軽症・中等症病床の入院は前日から50人減の1539人。確保している軽症・中等症病床(2758床)に対する使用率は55.8%だった。

年代別では、20~30代の感染者は287人で約4割を占めた。10代以下は203人で全体の3割弱、60代以上は87人で1割強だった。自宅療養者は7877人となり、前日から690人減った。公費によるPCR検査などを計2万92件実施した。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUF178KS0X10C21A9000000/

マックのバーガーから異物、女性「歯が欠けた」 調理器具の部品か(17日朝日

日本マクドナルドは17日、福岡市中央区のマクドナルド天神西通り店で買ったハンバーガー「濃厚とろ~り月見」を食べた女性客から「バネのようなものが入っていて、歯が欠けた」との連絡があったことを明らかにした。店で異物を確認したところ、調理器具の部品の可能性が高いとしている。
 女性客は14日午後2時ごろ、持ち帰りで商品を購入したという。日本マクドナルドは女性に返金し、全国の約2900店に調理器具を再点検するように指示した。今後、原因を詳しく調べる。広報担当者は「お客様には多大なるご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。原因究明と再発防止に努めて参ります」とコメントした。
https://www.asahi.com/articles/ASP9K6HDNP9KULFA03Z.html

ワクチン“3回目接種”実施へ 時期は?対象者は?最新情報まとめ(17日)NHK

新型コロナウイルスのワクチンについて、厚生労働省は3回目の接種を行う方針を決めました。
▽いつ、誰を対象に行うのか?▽効果や、気になる副反応は?▽海外の接種状況とは…?
3回目の接種をめぐる国内外の最新の情報です。

追加接種を行う方針了承 “原則同じワクチン使用”

厚生労働省によりますと、新型コロナウイルスのワクチンは時間がたつと効果が低下することが国内外で報告され、イスラエルやフランスなどがすでに追加で3回目の接種を行っているほか、アメリカも今月から追加接種を始めることを検討しています。
厚生労働省は17日、専門家でつくる分科会を開いて、ファイザーやモデルナ、それにアストラゼネカのワクチンについて原則、同じワクチンを使用して追加接種を行う方針を示し了承されました。

1. いつから実施?

国内では2月から医療従事者、4月から高齢者への接種が始まりました。
分科会では、2回目の接種を終えて8か月以上たった人を対象とする案も示されましたが、委員から「科学的な根拠が不足している」という指摘が相次ぎ今後、科学的知見を踏まえて検討していくことになりました。
また、追加接種の時期について「すでに接種を受けた医療従事者が感染するケースが増えている」として早期の開始を求める意見が出た一方「まずは2回の接種を終えることを優先すべきだ」といった声も多く、引き続き協議していくことになりました。

2. 誰に接種?
続きを見る

指定暴力団本部を撤去 制度利用で全国初―福岡暴追センター(17日)時事

福岡県暴力団追放運動推進センターは17日、指定暴力団浪川会(福岡県大牟田市)の本部事務所解体が完了し、撤去を確認したと発表した。県警によると、住民から委託を受けた「適格団体」が使用差し止めを求める改正暴対法の代理訴訟制度を利用して、指定暴力団の本部事務所を撤去したのは全国初。
 県警組織犯罪対策課によると、国家公安委員会から適格団体として認定を受けた同センターは2020年12月、本部事務所の使用差し止めを求め提訴。浪川会は今年7月に請求を認諾した。事務所では、17年10月に発砲事件が発生していた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091701099&g=soc

山口の高専生、集団いじめで自殺 「人格全否定」ライン送信(17日)共同

山口県周防大島町の大島商船高等専門学校で16年に男子学生=当時(15)=が自殺した問題で再調査委員会は17日、クラスメートのいじめが原因と結論付けた報告書を高専に出した。ラインで人格を全否定する内容を送信するなど、「閉鎖的な集団」で22件のいじめがあったと認定。学生は孤立感の中、苦しみが永遠に続くと考える状態になったとした。
 当初は18年設置の第三者委員会(昨年10月解散)が調べたが、2年以上詳細を知らせないのは不誠実と学生の母親が申し入れ、報告書完成前に解散が決定。第三者委は九つの行為をいじめとし、自殺の「一定の要因」との認定にとどまっていた。
https://nordot.app/811533281480425472?c=39546741839462401

「パパ活」中に窃盗疑い 高級腕時計、女子大生逮捕(17日)共同

デートなどの見返りに金銭を受け取る「パパ活」中に相手の男性会社役員(37)から1300万円相当の高級腕時計を盗んだとして、警視庁麻布署は17日までに、窃盗容疑で東京都港区に住む私立大2年の女子大学生(19)を逮捕した。約10人の男性が高級腕時計を盗まれ、総額3500万円を超える被害に遭ったとみている。
 署によると、マッチングアプリで知り合った男性らとホテルに入り、シャワーの際に男性が外した腕時計を盗んだとみられる。質店で売却して得た金をホストクラブで使っていたといい「応援するホストをナンバーワンにしたかった。いつか捕まると思った」と供述している。
https://nordot.app/811507547678474240?c=39546741839462401

小池氏、無免許都議「言語道断」 選挙中に当て逃げ、応援を反省(17日)共同

東京都の小池百合子知事は17日の定例記者会見で、都議選の選挙運動期間中だった7月に無免許で当て逃げ事故を起こした疑いで警視庁に書類送検された木下富美子都議(54)に対し「言語道断だ」と苦言を呈した。自身が選挙戦の最終日に応援に入ったことにも「大変恥じるべきことだと思っている」と述べた。
 木下都議は小池氏が特別顧問を務める「都民ファーストの会」から都議選に出馬し、再選後に無免許での事故が発覚した。都民ファから除名処分を受け、自ら立ち上げた1人会派に所属。都議会は7月23日、木下都議への辞職勧告決議案を全会一致で可決した。
https://nordot.app/811547252829077504?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル)
ネット利用の略取誘拐が増えている
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20210917204701 Img_20210912_095212  会員制交流サイト(SNS)などネットを利用した略取誘拐が多すぎる。
 9月12日には、インターネットのオンラインゲームで知り合った10代の女子高校生を自宅に連れ込んだとして、大分県宇佐市の21歳の男が大阪府に逮捕されたり、SNSで知り合った東京都に住む女子中学生を群馬県高崎市から東に乗せ、ホテルに連れ込んでけがをさせたとして、埼玉県本庄市の会社員の男(31)が群馬県警に逮捕されれた。
 さらに、SNSを通じて知り合った千葉県在住の中学生の少女(14)を誘拐して9月1日から6日まで札幌市の自宅などへ連れ出していた同市南区の36歳の警備員の男が千葉県警に逮捕されるなど、多すぎる。しかも、都県境を超えた犯罪だから始末に負えない。
 … … … … …
 警察庁によると令和3年の上半期では過去5年間で最も多いと書いたが、7月に入っても32件が起きるなど認知件数は、前年より34件多い228件。検挙人員も7月現在は195人で同58人増。うち少年は前年より9人も多い15人だった。
 認知件数のランキングは東京の29件、兵庫の24件、埼玉の22件、大阪の19件、愛知の15件などだが、兵庫が前年より11件、東京も10件増えるなど増加したところが目立つ。
 これに対して検挙率は前年より0.2ポイントダウンして89.7㌫。ランキングは青森の133.3㌫を筆頭に東京、埼玉など23都県が100㌫だった。
 低かったのは京都の50㌫、大阪の52.6㌫、広島の57.1㌫、鳥取の66.7㌫と続き、熊本は発生があっても検挙は0件だった。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【悪質商法はうそつき】(警察庁標語)

(う)まい話を信用しない
(そ)うだんする
(つ)られて返事しない
すぐに契約しない
(き)っぱり、はっきり、断る

★特殊詐欺受け子の男逮捕、近くの家で犯行失敗後に詐欺(17日)TBS
★その交通事故、詐欺かも AIが不正請求の疑い検知、保険業界が導入(16日)朝日
★警官かたり「偽札か鑑定」 千葉で3千万円詐取(15日)産経
★「だまされていませんか?」「ちゃうわ」 ATM前、説得の行方は(15日)朝日
★特殊詐欺撲滅へ「青バイ」投入 機動力発揮、容疑者逮捕も―大阪府警(14日)時事
★警察署員が考案、広報チラシのペーパークラフト好評 親子連れがもらいに訪問(14日)共同
★仕事仲間使い現金200万円余引き出したか “1人親方”ら逮捕(14日)NHK
★「資産配りたい」とメール届く 70代女性、電子マネー被害(13日)共同
★「還付金手続きを…」ATMで電話する女性 銀行員はウソと見抜いた(12日)朝日
★特殊詐欺事件で稲川会トップの責任認定 最高裁(10日)産経
★“本物”信金職員が取り押さえ、信金職員装いキャッシュカード詐取の男逮捕(10日)TBS
★特殊詐欺撲滅へ「青バイ」出動 大阪府警がATM特別警戒(9日)共同

茨城の一家4人殺傷で容疑者を起訴 地検、刑事責任問えると判断(17日)朝日

茨城県境町の住宅で2019年9月、この家に住む夫婦が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、水戸地検は17日、埼玉県三郷市の無職岡庭由征(よしゆき)容疑者(26)を殺人罪などで起訴し、発表した。
 茨城県警は5月、夫婦を殺害した容疑で岡庭容疑者を逮捕。処分保留とした上で、長男への殺人未遂容疑と次女への傷害容疑で再逮捕していた。地検は6月7日から3カ月間、岡庭容疑者を鑑定留置して事件当時の精神状態を調べ、刑事責任を問えると判断した。
県警や地検は、岡庭容疑者の認否について明らかにしていないが、捜査関係者によると、1回目の逮捕直後の取り調べでは否認し、その後は黙秘に転じているという。
 捜査関係者によると、県警は過去に面識のない人を刃物で襲うような事件に関与したことがある人物を調べ、岡庭容疑者が浮上した。
 起訴状などによると、岡庭容疑者は19年9月23日午前0時40分ごろ、小林光則さん(当時48)宅に侵入し、2階で寝ていた光則さんと妻美和さん(同50)の首や胸などを刃物で複数回刺して殺害。その後、廊下を挟んだ子ども部屋で、当時中学1年の長男(15)の足などを刺して重傷を負わせたうえ、小学6年だった次女(13)の両手にスプレーのようなものをかけ、やけどを負わせたとされる。
 岡庭容疑者は16歳だった1…
https://www.asahi.com/articles/ASP9K4S6ZP96UJHB00N.html

この記事は会員記事です。残り381文字

「目の前が見えなくなった」東名高速でレーザーポインター照射(17日)TBS

今月、愛知県の東名高速で、レーザーポインターのような強い光を反対車線に照射しながら走る車をドライブレコーダーが捉えていました。
 これは今月12日の午前1時ごろ、東名高速下りの豊川インター付近を走っていた車のドライブレコーダーの映像です。反対車線の車から、レーザーポインターのような緑色の強い光が照射されました。光はあちこちに照射され、時折、運転席付近にあたることも。光を照射された男性は「何度か光が目に入り目の前が見えなくなることもありました。危ないというより怒りが湧きました」と話しています。
 男性はきょう、警察にこの動画を提供したということで、警察は道路交通法違反の疑いも視野に入れて調べを進める方針です。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362409.html

警察宿舎の共益費など約250万円着服疑い 巡査を書類送検 千葉(17日)NHK

千葉県警察本部の23歳の巡査が、警察宿舎の共益費など、およそ250万円を着服したとして、17日、業務上横領の疑いで書類送検されました。
着服した金はギャンブルなどにあてていたということで、警察は停職1か月の懲戒処分にしました。
書類送検されたのは、千葉県習志野市の習志野警察署に勤務する23歳の男性巡査です。
警察によりますと、巡査は、去年7月から12月までの間、市内にある警察官が暮らす宿舎の共益費など、現金およそ250万円を着服したとして、業務上横領の疑いが持たれています。
巡査はこの宿舎の会計を1人で担当し、入居している警察官から集金したり宿舎名義の口座に振り込まれたりした共益費などを管理していたということです。
横領した金はギャンブルや借金の返済にあてていて、ことし1月、管理していた現金がほとんどなくなったことから、みずから上司に申告したということで、調べに対し「ギャンブルに依存してしまい、自分をコントロールできなかった」などと容疑を認めているということです。
警察は17日付けで停職1か月の懲戒処分とし、巡査は依願退職しました。
千葉県警察本部の川口光浩首席監察官は「法を順守すべき警察官として断じて許されるものではなく、誠に遺憾だ」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013264651000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_013

東京都 新型コロナ 782人感染確認 2日連続1000人下回る(17日)NHK

東京都は17日、都内で新たに782人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。
1週間前の金曜日より460人減り、2日連続で1000人を下回りました。
前の週の同じ曜日を下回るのは26日連続です。
また、17日までの7日間平均は945.7人となり、およそ2か月前の7月16日以来、1000人を下回りました。
一方、都の基準で集計した17日時点の重症の患者は、16日より3人減って179人でした。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013264561000.html

ワクチン、3回目接種実施へ 新型コロナ、完了8カ月後から―厚労省(17日)時事

厚生労働省の専門部会は17日、既に新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終えた人に追加投与する「3回目接種」の実施について「必要がある」と判断した。時期は接種完了からおおむね8カ月後。今後は海外の動向を踏まえ、接種の優先順位や使用するワクチン、実施方法などを検討する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091700788&g=soc

大麻検挙、上半期2544人 過去最多、20代以下で増加―警察庁(17日)時事

今年上半期に警察が大麻事件で検挙した人数(暫定値)が、昨年同期比305人増の2544人で過去最多となったことが17日、警察庁への取材で分かった。特に20代以下の増加が顕著で、同庁は取り締まりを強化するとともに、広報啓発を進める。

「隠語」対策でAI活用 SNS上の違法薬物売買―警察庁

 大麻事件の検挙人数は年々増加しており、上半期は2016年の年間(2536人)とほぼ同じだった。今年1年間でも、過去最多となった昨年(5034人)を上回る可能性がある。年代別では、20代が前年同期比174人増の1296人で全体の半数を占めた。20歳未満は同83人増の505人で、このうち高校生は101人、中学生も4人いた。大学生は111人だった。
 同庁は、若年層での増加の要因を「大麻の危険性への認識が低い上、友人など身近な人からの影響を受けやすい。インターネット交流サイト(SNS)で入手しやすい環境もある」と分析。対策を強化している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091700799&g=soc

パラ派遣の飲酒、山梨県警が懲戒 警部補ら3人、減給1カ月(17日)共同

山梨県警は17日、東京パラリンピック警備のため派遣された東京都内で飲酒した上で一般の人と口論した30代の男性警部補1人と、上司の警官2人の計3人を減給1カ月の懲戒処分とした。
 県警によると、警部補は8月28日、パラリンピック警備のため特別派遣された都内で数人と飲酒し、一般の人と口論した。上司2人は、警部補を監督する立場にあった40代の男性警部と50代の男性警視という。
 トラブルを受け、派遣されていた全員が帰任していた。
https://nordot.app/811459296121077760?c=39546741839462401

海のレジャー、死傷不明205人 悪天候影響し減少か、海上保安庁(17日)共同

 海上保安庁は17日、7~8月に海のレジャー事故に巻き込まれた死傷者や行方不明者は計205人だったと発表した。前年から17人減少した。事故を起こしたプレジャーボートなどの船舶は275隻で、前年比25隻減。7月の事故発生数は前年を上回っていたが、8月は大きく下回った。海保は悪天候が多かったことが要因とみている。
 海保によると、人身事故205人のうち死者は61人、不明者は5人。活動内容別では遊泳中が91人で44%を占めた。次いでプレジャーボートなどへの乗船中34人(17%)、サーフィン中28人(14%)、釣り中23人(11%)などが続いた。
https://nordot.app/811482448630104064?c=39546741839462401

殺人未遂容疑で男を再逮捕 小田急線刺傷、万引きも―警視庁(17日)時事

東京都世田谷区の小田急線車内で8月、乗客10人が刃物で切り付けられるなどして重軽傷を負った事件で、警視庁成城署捜査本部は17日、30代男性への殺人未遂や、窃盗などの容疑で、無職対馬悠介容疑者(36)を再逮捕した。

駅に刃物男、想定訓練 小田急線刺傷事件受け―警視庁

 再逮捕容疑は8月6日午後8時半ごろ、成城学園前―祖師ケ谷大蔵間を走行中の快速急行内で、都内在住の30代男性会社員を刃物で切り付け、殺害しようとした疑い。男性は全治1週間のけが。
 対馬容疑者は同日、小田急線に乗り込む前、新宿区内のコンビニで飲料を万引きするなどし、店員に見つかった。110番で警視庁の捜査員が駆け付けた際、カッターナイフを所持していた。
 捜査本部はすでに別の乗客2人への殺人未遂容疑で同容疑者を逮捕しており、逮捕は3回目。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021091700471&g=soc

ドラッグストアやスポーツ用品店で窃盗 陸自が2等陸士を免職処分(17日)共同

陸上自衛隊福知山駐屯地は17日、京都府福知山市内の店舗で医療品や衣類などを盗んだとして、第7普通科連隊の男性2等陸士(22)を懲戒免職処分にしたと発表した。
 同駐屯地によると、2等陸士は昨年8月11日、福知山市内のドラッグストアで医療品など(約3600円相当)を盗み、同年10月3、5、7日には、同市内のスポーツ用品店で衣類など(約2万千円相当)を盗んだという。
 2等陸士は昨年10月、スポーツ用品店での窃盗の疑いで、福知山署に逮捕された。小野田宏樹連隊長は「誠に遺憾で申し訳なく思う。今まで以上に隊員の服務指導を徹底し、再発防止に努めていく」としている。
https://nordot.app/811429618630311936?c=39546741839462401

小田急、電車内の襲撃備え訓練 新宿駅、刺傷事件受け(17日)共同

東京都世田谷区を走行中の小田急線電車内で乗客の男女10人が男から刃物で切り付けられるなどして重軽傷を負った事件を受け、警視庁新宿署や小田急電鉄は17日、無差別襲撃事件を想定した訓練を新宿駅で実施した。
 訓練は署員や駅員ら約60人が参加し、代々木上原―新宿間を走行中の電車内で包丁を持った男が突然暴れ、駅到着後も乗客を追い回す事態を想定。署員が駅員と協力し、さすまたなどを用いて男を制圧、逮捕するまでの手順を確認した。
 訓練終了後、林智和駅長は「事件が起きた際、いかに早く通報し、警察官に現場に来てもらうかが大切だと感じた」と話した。
https://nordot.app/811427967627444224?c=39546741839462401

元都民ファ都議を書類送検 無免許で人身事故(17日)産経

7月に投開票された東京都議選の板橋区選挙区(定数5)で再選を果たした、元都民ファーストの会の木下富美子氏(54)が選挙期間中に無免許運転で人身事故を起こしていた問題で、警視庁は17日、自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致傷)、道交法違反(無免許運転・報告義務違反)の疑いで、木下氏を書類送検した。木下氏は容疑を大筋で認めている。
書類送検容疑は7月2日午前7時26分ごろ、東京都板橋区高島平の交差点で無免許で乗用車を運転、バックをした際に後方で停止していた乗用車と衝突する事故を起こし、その事故を報告しなかったとしている。
この事故で、後方で乗用車を運転していた50代の男性と同乗者の妻は頸椎(けいつい)捻挫などの軽傷を負った。木下氏は街頭演説に向かう途中だったが当時、免許停止期間中だったという。
警視庁交通捜査課によると、他にも木下氏による5月から6月にかけての6件の無免許運転を確認しているという。
木下氏は産経新聞の取材に対し、「2日が免停期間の最終日で(免停期間が終わっていると思い)運転しても大丈夫だと思っていた」などと釈明していた。
事故発覚後、都民ファは木下氏を除名処分とした。その後木下氏は公の場に姿を見せず、都議会も欠席。都議会では木下氏の辞職勧告決議案が提出され、可決されたが、決議に法的強制力はないという。
木下氏は平成29年の都議選で初当選。今回の都議選では2万9767票を獲得し、再選した。
https://www.sankei.com/article/20210917-VVVAIKEYQBIVHCNTP23OVA4JJM/

池袋暴走事故、控訴せず 飯塚被告の実刑判決が確定(17日)産経

東京・池袋で平成31年4月、乗用車が暴走して通行人を次々とはね、母子2人が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)に禁錮5年を言い渡した東京地裁判決が17日、確定した。弁護側、検察側ともに期限の16日までに控訴しなかった。
飯塚受刑者は今後、収監される見通しだが、刑事訴訟法では「著しく健康を害するときや生命を保てない恐れがあるとき」や「70歳以上」の場合、刑の執行を停止できると規定している。
飯塚受刑者は公判中に「医師の診察でパーキンソン症候群の疑いがあると言われた」と主張しており、弁護人などの求めに応じて、検察官が執行停止を判断する可能性もある。
公判では、弁護側が車両の故障を訴え「ブレーキペダルを踏んだにもかかわらず暴走した」と無罪を主張。東京地裁は、飯塚受刑者が踏み間違いに気づかないままアクセルペダルを約10秒間踏み続け、最大時速約96キロまで加速させて事故を起こしたと認定し、弁護側の主張を全面的に退けた。
https://www.sankei.com/article/20210917-ZIEMTRSOVRPZRBH56NZ7N4KOS4/

日本テレビ社員の男逮捕 大江戸線車内で20代女性の太もも触った疑い(17日)TBS

東京の地下鉄大江戸線の電車内で女性の太ももを触ったとして、日本テレビ社員の男が逮捕されました。
 都の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、日本テレビ技術統括局の担当副部長・平野実容疑者(48)です。警視庁によりますと、平野容疑者はきのう午後10時ごろ、東京・練馬区内を走行していた地下鉄・都営大江戸線の車内で、隣に座っていた20代の女性の太ももを触った疑いがもたれています。
 終点の駅でこの女性が平野容疑者を連れて駅の事務所へ行き、駅員からの通報を受け駆け付けた警察官が現行犯逮捕しました。平野容疑者は取り調べに対し、「寝ていたので触っていない」と容疑を否認しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362176.html

台風14号 午後 西日本に上陸の見込み 土砂災害に厳重警戒を(17日)NHK

台風14号は東シナ海を東寄りに進み、西日本では風が強まり始め、四国や九州では局地的な大雨となっています。
台風は17日午後、九州北部をはじめとする西日本に上陸し、その後、四国や近畿を横断しながら東へ進む見込みです。
土砂災害に厳重に警戒するとともに、暴風、高潮に警戒してください。
気象庁によりますと、台風14号は、午前10時には長崎県五島市の西北西、およそ110キロの海上を1時間に20キロの速さで東北東へ進んでいるとみられます。
中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の北東側390キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
この時間、九州の広い範囲が台風の強風域に入り、西日本では風が強まっています。
香川県の東かがわ市引田では、午前8時50分ごろ、26.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。
四国や九州には発達した雨雲が次々と流れ込んでいて、午前8時までの1時間には、高知県の四万十町窪川で55ミリの非常に激しい雨が降りました。
高知県と宮崎県では土砂災害の危険度が高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
さらに、高知県では氾濫危険水位を超えている川があります。
台風は17日午後、九州北部などの西日本に上陸するおそれがあり、その後、四国や近畿を横断しながら東へ進む見込みです。

きょう西日本 あすは西~北日本で大雨

今後の雨の見通しです。
南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、台風から離れた場所でも雨雲が急に発達し、17日は西日本を中心に非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。
18日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国で300ミリ
▽九州北部と東海で250ミリ
▽中国地方と近畿で200ミリ
▽九州南部で150ミリ
▽関東甲信と北陸で120ミリ
▽東北で100ミリと予想されています。
大雨の範囲は東日本や北日本にも広がり、19日朝までの24時間に降る雨の量は、
▽東海で200ミリから300ミリ
▽関東甲信で100ミリから200ミリ
▽近畿と東北で100ミリから150ミリ
▽北陸で50ミリから100ミリと予想されています。

四国の瀬戸内側や東北など、ふだん雨が少ない地域でも雨量が多くなるおそれがあります。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013263761000.html

仙台放送の記者逮捕 女子中学生買春疑い(17日)産経

宮城県警は16日、会員制交流サイト(SNS)で知り合った当時中学生の少女に現金を渡す約束をし、みだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、仙台放送(仙台市)の報道制作局スポーツ部記者の若林晃平容疑者(24)=同市青葉区=を逮捕した。
県警によると「ホテルには行ったが性的な行為はしていない」と容疑を一部否認している。
逮捕容疑は2月14日午後4~5時ごろ、仙台市のホテルで当時15歳だった少女に現金を渡す約束をし、性的な行為をしたとしている。SNSに投稿していた少女に興味を持ち、ダイレクトメッセージで連絡したという。
仙台放送は「逮捕されたことは誠に遺憾で重く受け止めている。事実関係を確認し、適切に対処する」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/article/20210916-AUMCHMK72NNV3G7LBHZVS4OGII/

災害不明者の公表検討を 国指針「情報保護の例外」(17日)産経

内閣府は16日、災害時の安否不明者の氏名公表に向けた指針を都道府県に示した。個人情報保護条例の例外規定適用の検討を促す内容。7月に静岡県熱海市で発生した土石流災害で、公表が捜索対象者の絞り込みにつながったことを踏まえた。不明者の公表について国が考え方を示すのは初めて。
指針に法的拘束力はないが、内閣府は「平時から氏名公表の検討や準備を進めてほしい」としている。死者の氏名公表に関しては、今回は言及していない。
災害発生から72時間で安否不明者の生存率が下がるとされることから、指針では、救助活動の効率化が重要な局面では氏名公表が人命の保護につながると指摘。「個人情報保護条例に定める例外規定の適用を検討されたい」としている。
都道府県による公表を基本とし、手続きを市町村などとあらかじめ検討しておくよう要請。公表の可否の判断に時間がかかる不明者がいる場合は、可能な人から段階的に公表することも考えられるとした。
https://www.sankei.com/article/20210916-7PUM3Z6KVVMITJ4YDZWZWKAG3Y/

ツイッターで女性を勧誘 AV事務所に紹介で男逮捕(17日)TBS

ツイッターで女性をスカウトし、AV事務所に紹介するなどしたとして25歳の男が警視庁に逮捕されました。
 職業安定法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・豊島区の無職・鈴木真也容疑者(25)です。鈴木容疑者は今年8月、アダルトビデオなどに出演させると知りながら、女性を渋谷区にある芸能事務所に紹介した疑いがもたれています。
 鈴木容疑者は女性を信用させるためにフォロワー数が6万人を超えるツイッターのアカウントをおよそ7万円で購入し、「全国No.1スカウト圭」と名乗って女性とやりとりをしていたということです。リツイートをした女性に抽選でギフト券が当たるなどとツイッターに書き込んでいました。
 鈴木容疑者は容疑を認めた上で、「女性を紹介すれば金が稼げる」と供述しているということです。

特殊詐欺受け子の男逮捕、近くの家で犯行失敗後に詐欺(17日)TBS

 東京・豊島区で高齢の女性からキャッシュカードなどをだまし取ったとして、「受け子」の男が逮捕されました。
 詐欺の疑いで警視庁に逮捕されたのは東京・大田区の会社員、吉見駿容疑者(27)で、先月30日、銀行員になりすまして豊島区に住む80代の女性から、キャッシュカードと通帳をだまし取った疑いがもたれています。吉見容疑者は、犯行のおよそ10分前に、女性の自宅の近くの別の家を訪れましたが、たまたま同じ詐欺グループから電話がかかってきたため詐欺だと疑われ、110番通報されていました。
 吉見容疑者はその後、女性からキャッシュカードなどをだまし取りましたが、通報を受け、警戒中だった警察官に路上で職務質問され逮捕されたということです。吉見容疑者は容疑を認めた上で、「お金がなくてやった」と供述しているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4361881.html

小田急刺傷事件、別の男性への殺人未遂疑いなどで再逮捕へ(17日)TBS

東京の小田急線の車内で男が乗客を次々と包丁で襲った事件で、警視庁はこの男を殺人未遂などの疑いで、きょう再逮捕する方針です。
 この事件は先月6日、世田谷区を走行中の小田急線の車内で、川崎市の無職・対馬悠介容疑者(36)が乗客を次々と包丁で襲い、女子大学生が重傷を負ったものです。警視庁は、女子大学生とは別の30代の乗客の男性を殺害しようとした疑いなどで対馬容疑者を、きょう再逮捕する方針を固めました。男性は対馬容疑者が振り回した包丁が腕にあたり、軽いけがをしたということです。
 対馬容疑者はこれまでの取り調べに対し容疑を認めた上で、「たくさんの人を殺そうとした」などと供述しているということで、警視庁は動機などについて調べを進めています
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4362022.html

侮辱罪に懲役刑導入 法制審諮問 木村花さんの母「大きな一歩」(17日)NHK

SNS上のひぼう中傷対策を強化するため人を侮辱した行為に適用される侮辱罪に懲役刑を導入することなどが法制審議会に16日、諮問されました。厳罰化の必要性を訴え続けてきた当事者は「大きな一歩」と受け止めています。
16日開かれた法制審議会の総会では、SNS上のひぼう中傷対策を強化するため公然と人を侮辱した行為に適用される侮辱罪に懲役刑を導入し、刑の上限を引き上げて「1年以下の懲役・禁錮」と「30万円以下の罰金」を追加することが諮問されました。
引き上げが実現した場合、現在は1年となっている時効も3年に延びることになります。厳罰化の議論が動きだしたことについて、SNS上でひぼう中傷を受けてみずから命を絶った女子プロレスラーの木村花さんの母親の響子さんは「本当に大きな一歩で感謝しています。懲役刑になれば抑止力としての効果が強くなり、時効が長くなることで今まで泣き寝入りせざるを得なかった人たちも救われるのではないかと思う。1日も早く改正されてほしい」と話しています。
そのうえで「ひぼう中傷が原因で心の病気になって仕事ができなくなったり日常生活が送れなくなったりする人もいるので、30万円以下の罰金は被害の重さや切実さを考えると、まだまだ軽すぎる。これで終わりではなく被害者が速やかに救済されるような法律にどんどん近づけてほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013263331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

鹿児島 諏訪之瀬島で噴火発生 噴火警戒レベルを3に引き上げ(17日)NHK

鹿児島県の諏訪之瀬島で17日午前2時すぎ、噴火が発生し、大きな噴石が火口から1キロ近くまで飛んだのが確認されました。このため気象庁は噴火速報を発表したうえで諏訪之瀬島の噴火警戒レベルをレベル2から3に引き上げ、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、諏訪之瀬島では17日午前2時すぎ、噴火が発生し、大きな噴石が御岳火口から1キロ近くまで飛んだのが確認されました。
諏訪之瀬島では16日夜にも大きな噴石が火口から800メートルの場所まで飛ぶ噴火が起きています。
諏訪之瀬島の噴火警戒レベルはことし7月以降は「2」で気象庁はおおむね1キロの範囲で警戒を呼びかけていましたが、これを超える場所まで噴石が飛ぶおそれがあるとして、午前2時35分、火口周辺警報を発表して噴火警戒レベルを入山規制を示す「3」に引き上げました。そのうえで、御岳火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
諏訪之瀬島では、これまでも大きな噴石が火口から1キロ前後飛ぶたびに噴火警戒レベルの引き上げを繰り返していて、ことし7月以降は噴煙が火口から3000メートル以上上がる噴火が相次いでいました。
続きを見る
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210917/k10013263681000.html

無許可でバーベキューとレジャー販売 半グレ男2人を逮捕 イセエビ密漁リーダーか(17日)共同

沖縄県警は15日、沖縄県南城市のビーチで無許可で生鮮食品を調理し、販売したとして食品衛生法違反の疑いで自営業の男(33)と、自称飲食店従業員の男(29)の両容疑者=いずれも糸満市=を逮捕した。
自営業の男は暴力団とつながりのある反社会的勢力「半グレ」とみられ、漁業関係者は沖縄本島北部の海岸で相次ぐイセエビ密漁グループのリーダー格だと指摘している。
 県警によると今年8月から9月にかけて、南城市佐敷津波古の天然ビーチ「天の浜」で1人4万円の料金でバーベキュー、バナナボートなどレジャーサービスを提供し、数千万円を売り上げたとみられる。食品衛生法上必要な許可を得ずに、肉やイセエビを焼いて販売していた疑いがある。
 地域住民から「入れ墨のある人たちが水上バイクで危険走行をしている」と通報があり、県警が内偵捜査をしていた。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/832239

90歳被告の禁錮5年確定 池袋暴走、刑務所収容が焦点に(17日)共同

東京・池袋で2019年、乗用車が暴走して2人が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三被告(90)を禁錮5年とした東京地裁判決の控訴期限が17日、経過した。弁護側、検察側双方が控訴せず、実刑が確定したとみられる。
飯塚元院長は15日、支援者と面会し「遺族に対して申し訳ない。判決を受け入れたい」と控訴しない意向を示していた。
 高齢で自力で歩くことができず、体調に不安を抱えるため、実際に刑務所に収容されるかどうかが焦点となる。弁護人らの求めに応じ検察が執行停止を判断することがある。
https://nordot.app/811336587188846592?c=39546741839462401

警察庁、4事件で公的懸賞金延長  群馬一家3人殺害など(17日)共同

警察庁は17日、1998年に群馬県高崎市(旧群馬町)で起きた一家3人殺害など4事件に関し、容疑者逮捕に結びつく情報に最大300万円が支払われる公的懸賞金(捜査特別報奨金)の応募期間を、11月1日から1年間延長することを決めた。
 対象は、高崎市一家3人殺害事件の小暮洋史容疑者(52)=指名手配中、東京都三鷹市で05年に飲食店の男性従業員が殺害された事件の上地恵栄容疑者(65)=同、岩手県宮古市(旧川井村)で08年に起きた女性殺害事件の小原勝幸容疑者(41)=同、東京・六本木のクラブで12年に男性客が殺害された事件の見立真一容疑者(42)=国際手配中。
https://nordot.app/811326294512418816?c=39546741839462401

« 2021年9月16日 (木) | トップページ | 2021年9月18日 (土) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ