大阪府大東市のマンション一室で4月、住人の大学4年、吉岡桃七(ももな)さん=当時(21)=が殺害された事件で、大阪府警捜査1課と四條畷署は12日、殺人や現住建造物等放火などの疑いで、真下の部屋の住人で直後に死亡したビルメンテナンス会社社員、嘉本(かもと)悟容疑者(48)を書類送検した。
書類送検容疑は4月28日早朝、3階の吉岡さん宅に侵入。自作したやりのような刃物などで全身に120カ所以上の傷を負わせて失血死させ、2階の自室に戻って灯油をまいて放火したとしている。嘉本容疑者は火災による一酸化炭素中毒で死亡した。
嘉本容疑者が履いていた靴下に付着した血痕が吉岡さんのDNA型と一致。吉岡さん宅に残された凶器からは、嘉本容疑者の指紋が検出された。嘉本容疑者のスマートフォンを解析したところ、「自殺」「灯油」「死亡時の顔の変色」などの検索履歴が残っていた。
嘉本容疑者は4月上旬から事件前日にかけ、はしごや包丁、灯油10リットルなどを購入。吉岡さん宅のベランダとの間には、嘉本容疑者が使用したとみられるはしごがかけられていた。
https://www.sankei.com/article/20210812-WI2LUKTY3JJ2HAI6CJWAW4JENQ/