カテゴリー

« 小田急線刺傷の36歳男 万引通報の腹いせで事件決意か「女性店員殺そうと店に戻ろうとしたが…」(8日)共同 | トップページ | 「密」回避で山岳遭難多発 「経験者と複数人で」県警が注意喚起―長野t(8日)時事 »

2021年8月 8日 (日)

患者「苦しい」…防護服の看護師奔走 コロナ病床倍増「災害だ」 緊迫の大学病院(8日)共同

新型コロナウイルスの感染急拡大で、医療現場は緊迫の度を増している。コロナ病床を現在の31から60に倍増する予定の千葉大病院(千葉市中央区)では、医師や看護師が感染リスクと向き合いながら、奮闘を続けている。病院の特別許可を得て、記者は院内の実態を取材することができた。医師の1人はこう訴えた。「災害だと認識しなければならない」(山口登史)

◆酸素投与の男性つらそうな様子

 「病棟内では、あちこち手を触れないでください」。5日午前8時20分、病院に到着すると、待っていたのは厳しい防疫指導だった。病床に接近できるのは取材者1人だけ。撮影を担当する写真部の由木直子記者が厳重な防護服を着用した。
 午前10時ごろ、コロナ専用病棟の個室で、看護師2人が入院中の60代の男性の体をタオルで拭いたり、おむつを替えたりしていた。男性は中等症。肺炎の症状があり、酸素投与を受けている。看護師に冗談を言うなどしていたが、時折「苦しい」とつらそうな様子を見せた。

◆ストレッチャーでの移動は慎重に

 看護師は入室前に専用スペースで防護服を着る。退室時には防護服の外側に触れないように慎重に脱ぎ、専用のごみ箱に入れなければならない。「少しでも外側に触れると、感染リスクが高まりますから」と看護師の1人。
 この男性を診療する様子を、廊下に置かれたモニターで見ていると、にわかに看護師たちが集まってきた。隣の病室にいる70代の男性が人工透析を受けるために別室に移動するという。看護師らは防護服に着替えると、男性をベッドからストレッチャーに乗せ替え廊下を移動。突然、別の看護師から「ここは左だよ」と大きな声が飛んだ。
 感染防止のためコロナ病棟といえども患者の移送ルートは決められている。ストレッチャーがその動線から外れそうになったためで、声をかけられた看護師は、慌てて向きを変えた。
続きを見る
https://www.tokyo-np.co.jp/article/122687

« 小田急線刺傷の36歳男 万引通報の腹いせで事件決意か「女性店員殺そうと店に戻ろうとしたが…」(8日)共同 | トップページ | 「密」回避で山岳遭難多発 「経験者と複数人で」県警が注意喚起―長野t(8日)時事 »

新型コロナウイルス禍関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急線刺傷の36歳男 万引通報の腹いせで事件決意か「女性店員殺そうと店に戻ろうとしたが…」(8日)共同 | トップページ | 「密」回避で山岳遭難多発 「経験者と複数人で」県警が注意喚起―長野t(8日)時事 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ