カテゴリー

« 日本支援の女性警官「必要」 タリバン幹部、異例の見解―アフガニスタン(2日)時事 | トップページ | 「政治献金」と無罪主張へ 吉川元農水相、3日に初公判―鶏卵汚職・東京地裁(2日)時事 »

2021年8月 2日 (月)

IOCに支援訴え ベラルーシ選手、「投獄される」と帰国拒否―欧州に亡命希望(2日)時事

東京五輪陸上の女子200メートル予選に2日に出場を予定していた中、本国から帰国を命じられて拒否したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)は日本時間1日夜、動画の声明で「国際オリンピック委員会(IOC)に支援を求める」と呼び掛けた。母国で紹介されたインタビューでは「ベラルーシで投獄されるかもしれない」と訴えている。

「コーチ批判で帰国命令」 ベラルーシ選手、保護訴え―東京五輪

 ツィマノウスカヤ選手は1日、別の選手のドーピング検査をめぐるコーチの不手際をインスタグラムで批判したことから代表を外され、選手村の荷物をまとめて帰国するよう強制されたが、羽田空港で同日夜の便への搭乗を拒否。警察などに保護を求めた。帰国せず、2日にもオーストリアなど欧州に亡命申請する意向と伝えられる。
 人権団体のソーシャルメディアに掲載された動画の声明の中では「私は圧力を受けた」と主張。「同意なく(日本を)出国させられそうになった。だから、IOCがこの問題に介入することを求める」と述べた。
 一方、母国のスポーツメディアのインタビューでは、コーチから「(陸上競技)連盟やスポーツ省のレベルではなく、さらに上層部の問題になっている」と告げられたと証言。面談したカウンセラーからも脅されたと訴えた。「代表から外されるのは怖くないが、自分の身を案じている。(母国は)もはや安全ではない」と強調した。
 本人はロイター通信に「(5日の)女子1600メートルリレー予選に出場予定の複数の選手が必要なドーピング検査を受けていなかったことで出場資格を得られず、代わりに自分がリレーのメンバーに不本意に入れられた」と説明。こうした不手際を先にインスタグラムで公表し、本国で怒りを買ったとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080200079&g=soc

« 日本支援の女性警官「必要」 タリバン幹部、異例の見解―アフガニスタン(2日)時事 | トップページ | 「政治献金」と無罪主張へ 吉川元農水相、3日に初公判―鶏卵汚職・東京地裁(2日)時事 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本支援の女性警官「必要」 タリバン幹部、異例の見解―アフガニスタン(2日)時事 | トップページ | 「政治献金」と無罪主張へ 吉川元農水相、3日に初公判―鶏卵汚職・東京地裁(2日)時事 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ