カテゴリー

« <東京パラ>緊急宣言の埼玉、公道の聖火リレー中止 代替措置として無観客の聖火フェス検討(4日)共同 | トップページ | 【速報】東京五輪選手村で初のクラスターか、ギリシャ選手団(4日)TBS »

2021年8月 4日 (水)

ベラルーシ選手が出国 保護から3日、ポーランド亡命―「反政権」扱い・東京五輪(4日)時事

東京五輪陸上女子のベラルーシ代表から外され、強権的な本国による帰国命令を拒否したクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日午前、亡命先となるポーランドに向かうため成田空港から出国し、経由地ウィーンにたった。1日に選手村を離れ、羽田空港で警察などに保護を求めてから3日。安全な第三国に逃れ、新たな活動拠点とする意向だ。

亡命ベラルーシ選手が大使に謝意 反政権派擁護するポーランド―「日本と協力続ける」

 ポーランドは母国の隣国。ロシアを後ろ盾とするベラルーシ政府に厳しい態度を取り、反政権派に支援の手を差し伸べている。今回の事件を受け、昨年8月の大統領選後から市民弾圧を続けるルカシェンコ政権に対し、国際社会の視線が再び向けられている。
 ツィマノウスカヤ選手は、予定した女子100、200メートルだけでなく、ドーピング検査をめぐって選手が欠けた1600メートルリレーにも出場するよう迫られた。コーチの不手際を訴え、インスタグラムで不満を外部に公表。「欧州最後の独裁者」と呼ばれる大統領の長男が率いる本国オリンピック委員会から「反政権」と敵視された。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021080400249&g=soc

« <東京パラ>緊急宣言の埼玉、公道の聖火リレー中止 代替措置として無観客の聖火フェス検討(4日)共同 | トップページ | 【速報】東京五輪選手村で初のクラスターか、ギリシャ選手団(4日)TBS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <東京パラ>緊急宣言の埼玉、公道の聖火リレー中止 代替措置として無観客の聖火フェス検討(4日)共同 | トップページ | 【速報】東京五輪選手村で初のクラスターか、ギリシャ選手団(4日)TBS »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ