大阪・ミナミの道頓堀川で2日夜に男性が溺死した事件で、大阪府警は5日、殺人容疑でドミニカ共和国籍で住所不定の無職、クルス・カブレラ・ブライアン・アルベルト容疑者(26)を逮捕した。「弁護士と話してからでないと話すことはできない」と認否を保留している。
府警は同日、男性の身元をベトナム国籍で大阪市西成区の無職、チン・トゥ・アインさん(21)と特定したと発表。クルス容疑者とチンさんは事件前に現場近くでほかの複数人と酒を飲んでおり、トラブルに発展したとみられる。
逮捕容疑は2日夜、大阪市中央区の道頓堀川沿いの遊歩道で、チンさんに殴る蹴るの暴行を複数回加え、川へ転落させるなどして殺害したとしている。チンさんの死因は溺死だった。
府警によると、現場周辺の防犯カメラからクルス容疑者が浮上。府警は3日に西成区のホテルでクルス容疑者を発見し、入管難民法違反(不法残留)容疑で現行犯逮捕していた。
https://www.sankei.com/article/20210805-BGZDI4VGM5ISHGZ4IJKNUMDGDE/