東京都世田谷区の小田急線の車内で6日夜、男が刃物を振り回すなどし乗客の男女が次々と襲われた事件で、警視庁は7日、殺人未遂容疑で、身柄を確保していた男を逮捕した。男は川崎市多摩区西生田、職業不詳、對馬(つしま)悠介容疑者(36)。容疑を認め、「誰でもよかった。人をたくさん殺したかった」などと供述しているという。警視庁は成城署に捜査本部を設置。詳しい犯行の経緯などの調べを進める。
捜査本部によると、事件があったのは6日午後8時半ごろ。藤沢発新宿行きの上り快速急行(10両編成)で、對馬容疑者が6両目から先頭方向の9両目まで移動しながら、持っていた牛刀(刃渡り約20センチ)などで次々と乗客を襲った。牛刀の柄が折れた後、サラダ油を車内にまき、持っていた着火装置で火を付けようとした形跡も確認された。火はつかなかった。
都内に住む女子大学生(20)が背中や胸など約7カ所を刺されて重傷。意識はあり、命に別条はないという。ほかに男女9人が切り傷や打撲などを負ったが、けがの程度は比較的軽い。切り付けられたのは4人とみられ、転倒して負傷した乗客も含まれているという。
電車は祖師ケ谷大蔵駅付近で緊急停止。對馬容疑者は乗客が非常用コックを開け、車外に逃げたのに紛れ現場から立ち去った。その際に、自らの居場所が分からないように携帯電話を線路脇に投げ捨てた。
對馬容疑者は自転車を盗んで逃走したが、6日午後10時ごろ、祖師ケ谷大蔵駅から北に約5キロ離れた杉並区内のコンビニエンスストアを訪れ、店員に「自分が今ニュースに出ている事件の犯人だ。逃げるのが疲れたから名乗り出た」と申告。店側からの110番通報で駆け付けた警察官が身柄を確保した。
調べに対し、對馬容疑者は「6年前から幸せそうな女性を見ていると『殺したい』と思うようになった」などとも供述しているという。
https://www.sankei.com/article/20210807-4WF2JXL7KFOF3IP7WMS6HC2OAM/