新型コロナウイルス対策で実施されている運転免許証の有効期限延長に関するデータ約26万人分を不正削除したり、捜査情報を無断で閲覧したりしたとして、警視庁は6日、電子計算機損壊等業務妨害や不正アクセス禁止法違反などの疑いで情報管理課の男性主事(33)を書類送検し、同日付で懲戒免職とした。
書類送検容疑は昨年12月に職場の上司のパソコンを使用して運転免許関連のデータを削除し、同庁の業務を妨害したほか、同年8~12月、使用権限のないIDとパスワードを使い捜査情報や人事記録を閲覧した疑い。
https://www.sankei.com/article/20210806-HLZYEFCO2FIJVGUZFT3AXGFHJ4/