カテゴリー

« 職域接種「2回目の接種機会の確保を」企業や大学に通知 厚労省(17日)NHK | トップページ | 前線停滞、大雨続く 災害に厳重警戒を(17日)産経 »

2021年8月17日 (火)

週刊文春、中づり広告を終了へ 「一つの文化だった」(17日)

 「週刊文春」が8月26日発売号を最後に電車の中づり広告を終了する。同誌は約51万7千部(日本雑誌協会調べ)と業界トップ。首都圏を中心に通勤時の風景として定着した「中づり」はなくなってしまうのか。
 同誌の加藤晃彦編集長は「中づりは雑誌の象徴というべき『ブランド広告』でもあり、一つの文化だった」と話す。
 地下鉄・東京メトロの広告会社・メトロアドエージェンシーの営業担当者によると、「雑誌の中づり広告は近年減っている」という。同誌の撤退で、減少傾向に拍車がかかる可能性がある。
 中づりは、通勤時に興味を持った会社員らが駅の売店で雑誌を購入するという「すぐれたビジネスモデル」(加藤氏)だった。
 だが、ニュースの鮮度が短期間で下がりやすいネット時代には合わなくなりつつある。中づりには雑誌編集の自由を縛る「足かせ」の面があるからだ。

誌面校了よりも1日早いという苦しみ

 中づり広告は、右側(右トップ)には政治家の汚職など硬いニュースを置き、左側(左トップ)には芸能や医療・健康などの軟らかいニュースを置く。その間に他の記事の見出しを並べる。誌面の骨格を中づりを作成する段階で定める必要がある。
 週刊文春の誌面の校了は火曜夜だが、中づりは日曜にほぼ完成させ、月曜夜に校了する必要がある。そのため火曜の時点で、重大な事件が発生したり、スクープをつかんだりした場合、誌面に入れられても中づりには間に合わない。
続きを見る

https://www.asahi.com/articles/ASP8J71RKP8GUTIL00D.html

« 職域接種「2回目の接種機会の確保を」企業や大学に通知 厚労省(17日)NHK | トップページ | 前線停滞、大雨続く 災害に厳重警戒を(17日)産経 »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 職域接種「2回目の接種機会の確保を」企業や大学に通知 厚労省(17日)NHK | トップページ | 前線停滞、大雨続く 災害に厳重警戒を(17日)産経 »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ