カテゴリー

« 【大雨】京都市の避難指示6万7941世帯に拡大(14日)共同 | トップページ | お盆期間中 発熱などでPCR検査の申し込み殺到 東京 世田谷(14日)NHK »

2021年8月14日 (土)

4県に大雨特別警報発表中 「線状降水帯」発生しやすい状態続く(14日)NHK

停滞する前線の影響で発達した雨雲が流れ込み続け、佐賀県と長崎県、福岡県、広島県には大雨の特別警報が発表されていて最大級の警戒が必要です。
気象庁は、15日にかけて西日本と東日本を中心に線状降水帯が発生しやすい状態が続くとしています。
いま災害が発生していない地域でも、早めの安全確保を心がけてください。

佐賀県・長崎県・福岡県・広島県に「大雨特別警報」

気象庁によりますと、停滞する前線の活動が活発になっている影響で、九州北部や中国地方、東海、それに長野県などに発達した雨雲が流れ込み続け記録的な大雨となっています。
気象庁は佐賀県と長崎県、福岡県、それに広島県に大雨の特別警報を発表しました。
5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル5にあたる情報で最大級の警戒が必要です。
午後8時までの1時間には、いずれも県が設置した雨量計で▽熊本県菊池市で37ミリ、▽岐阜県下呂市で36ミリの激しい雨を観測しました。
これまでの雨で各地で川の氾濫や土砂災害が発生しています。
国土交通省などは、これまでに▽佐賀県武雄市を流れる六角川と▽広島県と島根県を流れる江の川で氾濫が発生したと発表しました。

九州北部 広島県 山口県 島根県で1か月分の2~3倍雨量に

およそ3日間に降った雨の量は西日本と東日本の各地で平年8月1か月分を超えています。
九州北部ではおよそ3日間に降った雨の量が多いところで平年の8月1か月分の3倍を超える大雨となり、広島県と山口県、島根県の各地で平年の8月1か月分の2倍以上の雨が降り、広島県では3年前の西日本豪雨の時の雨量を超えています。
気象庁はこれまでに降った大雨で数十年に一度しかないような甚大な被害の危険が迫っているとして、土砂災害や川の氾濫、低い土地の浸水に最大級の警戒を呼びかけています。
土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。佐賀県と長崎県、福岡県、大分県、熊本県、広島県、山口県、岡山県、鳥取県、島根県、徳島県、大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、富山県、愛知県、岐阜県、長野県、山梨県、それに福島県です。
また、佐賀県と福岡県、広島県、山口県、島根県、岡山県、岐阜県、それに長野県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えている川があります。
続きを見る

« 【大雨】京都市の避難指示6万7941世帯に拡大(14日)共同 | トップページ | お盆期間中 発熱などでPCR検査の申し込み殺到 東京 世田谷(14日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【大雨】京都市の避難指示6万7941世帯に拡大(14日)共同 | トップページ | お盆期間中 発熱などでPCR検査の申し込み殺到 東京 世田谷(14日)NHK »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ